サバゲーにおすすめのトランシーバー4選【安いものから本格派まで】

サバゲー用トランシーバーのイラスト
The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー/ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。

サバゲーで味方と連携を取れる「トランシーバー」のメリットや選び方を解説します。

安いものから防水防塵の本格派まで免許不要で手軽に使えるトランシーバーと小型トランシーバー向きのラジオポーチを紹介します。

サバゲーでトランシーバーを使う3つのメリット

メリット1:チーム内で連携が取れる

サバゲーで味方と連携するにはハンドサインや声をあげて話すなどの方法がありますが、どの方法も練習しないと連携できない、敵に見つかりやすい、近くでしか使えないなどの欠点があります。

トランシーバーを使うことで簡単に、かつ敵に見つかりにくく、遠くの味方とも連携して戦えます。

メリット2:貸し切りゲームの運営に便利

自分たちでフィールドを貸し切り、ゲームを運営する貸し切りゲームの時はフィールドイン後の準備完了の連絡や人数確認、スタートの合図など全てを自分でやらなければなりません。

そんな時に無線があれば時間を無駄にすることなくゲームを開始できます。

メリット3:装備のリアリティが上がる

トランシーバーやアンテナ、ヘッドセットやPTTスイッチなどの小物は軍用装備のリアリティを上げられます。

軍用無線機風のダミーラジオや実物無線にトランシーバーを組み込んでサバゲーで使えるように改造する人もいます。

サバゲー用のトランシーバーを買う際の選び方ポイント4つ

ポイント1:チャンネル数が多いトランシーバーを選ぼう

トランシーバーのチャンネル数には9ch、11ch、20chの3パターンがあります。

9chのものは9chと、11chのものは11chと通信できますが現在では9ch、11chどちらのモデルとも通信できる20ch対応のトランシーバーが主流です。

メーカーが違ってもチャンネルを合わせれば通信できますが、グループ通信や相手に聞かれない秘話モードなどを使う場合は同一機種を使う必要があります。

ポイント2:防水・防滴などの性能で選ぼう

アウトドアで激しく動くことも多いサバゲーでは防塵、防水機能に注意してトランシーバーを選びましょう。

この機能を比較するにはIPと呼ばれる規格を参照しましょう。

ただし、サバゲーから帰ったあとは汚れを取るなどの基本的な手入れを怠らないようにしてください。

ポイント3:イヤホンジャックの位置で選ぼう

トランシーバーを選ぶポイントのうち、サバゲー独特の選び方がイヤホンジャックの位置に注意した選び方です。

イヤホンジャックが横に付いているトランシーバーの場合、イヤホンをつけると無線機を入れるラジオポーチに入らないといった不具合が生じることがあります。

すでにポーチを持っている場合や軍の装備再現にこだわりたい場合は自分のポーチに入るサイズなのか、にも気をつけましょう。

ポイント4:法律に注意して選ぼう

サバゲーでは多くの場合、特定小電力トランシーバーという免許不要のトランシーバーが使われます。

しかし、免許が必要な出力であったり、日本の法律に適合していなかったりするものが販売されている場合もありますので、注意が必要です。

特に海外製のトランシーバーの場合、日本で使えることを示す「技適マーク」のあるトランシーバーを選んでください。

サバゲーでおすすめのトランシーバー4選!【厳選】

安く小型なトランシーバーはこれ

アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック IC-4300
Amazonで詳細を見る

Icom IC-4300は小型で軽く安いことが特徴のトランシーバーです。

IP55の防水防塵性能とグループ通話機能など機能面でも充実しています。

外部スピーカやマイク用の端子が本体上側にある点もサバゲー向きです。

障害物に強いトランシーバーはこれ

アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック ロングアンテナタイプ IC-4300L
Amazonで詳細を見る

Icom IC-4300Lは先ほど紹介したIC-4300のロングアンテナバージョンです。

トランシーバーはアンテナの改造ができないため携帯性よりも雑音の少なさを重視するならロングアンテナモデルがおすすめです。

防水・防塵性能の高いトランシーバーはこれ

アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック IP67防塵/防水
Amazonで詳細を見る

アイコム IC-4350Lはアメリカ国防総省の規格MIL-STD-810F相当のテストをクリアするIP67の防水、防塵性能をもち激しい動きやほこり、水濡れに対応しています。

携帯性を重視するならアンテナが短いIC-4350がおすすめです。

ミリタリー風のカラーバリエーションがあるモデルはこれ

アイコム トランシーバー(無線機) WITHCALL IC-4110 [ダークグリーン]
Amazonで詳細を見る

アイコム IC-4110はIP54の防塵、防水性能と出力の大きいスピーカーを備えています。

また、カラーバリエーションにミリタリー風のダークグリーンがラインアップされています。

サバゲーでトランシーバーを使うならポーチに入れよう!おすすめポーチ3選

トランシーバーを使うなら専用のラジオポーチを使おう!

軍・警察では無線機を入れるために専用のラジオポーチと呼ばれるポーチを使っています。

ラジオポーチを使えばアンテナやイヤホンジャックなどの突起が多いトランシーバーをしっかりと収納でき、取り出さずに操作ができます。

Molle対応でベルトやベストの好きな場所に取り付けられるのも魅力です。

トランシーバーがちょうど入る小型ラジオポーチ

CONDOR(コンドル) タクティカルギア MA56 HHR ポーチ(トランシーバー)
Amazonで詳細を見る

アメリカの装備メーカー「Condor」製のラジオポーチです。裏面はMolle対応、フラップでしっかりとトランシーバーを保持できます。

アイコムやKENWOODのトランシーバーがぴったり入る大きさです。

カラーはOD、ブラック、A-tacs、マルチカムの4色です。

調整範囲の広いラジオポーチ

OneTigris ラジオポーチ トランシーバー無線ホルダー マガジン・小物収納可能 MOLLE
Amazonで詳細を見る

OneTigris ラジオポーチはトランシーバー上のつまみの操作がしやすいオープントップ式のラジオポーチです。

ベルクロとゴム紐で縦の調整範囲が広くM4マガジンから小型のトランシーバーまでサイズを調節できます。

ダミーラジオも入れられるラジオポーチ

タスマニアンタイガー タックポーチ3 ラジオ・Tasmanian Tiger 【正規輸入代理店直売】
Amazonで詳細を見る

タスマニアンタイガー タックポーチ3はゴム紐でトランシーバーを固定するオープントップ式のラジオポーチです。

大きめの無線機向きですがサイズを調節してトランシーバーも入れられます。

軍用無線風のケースに入れて使う場合も困らないサイズでしょう。

まとめ

サバゲーでトランシーバーを使えばチームワークを活かした連携プレイという新しい楽しみ方ができます。

また、サバゲー中にトランシーバーを使いやすくするにはヘッドセットやPTTスイッチ、マイクなどの機器を追加購入しても良いでしょう。

みなさんのトランシーバー選びの参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー/ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。