ハードガンケースおすすめ6選!【エアガンを衝撃から守ろう】

おすすめのハードガンケースを紹介
The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー/ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。

エアガンが入ったケースを落としてしまった、ぶつけてしまった…

プラスチックや金属の外装で、移動中の衝撃からエアガンを守り、保管やディスプレイにも便利なハードガンケースの魅力を紹介。

小型のハンドガンケースから軍用の大型ガンケースまで、移動に便利なガンケースを6つ紹介します。

ハードガンケースの3つの魅力とは?

ハードガンケースを魅力を解説

ハードガンケースの魅力1.衝撃に強い

「衝撃に強い」これは、外側が樹脂や金属でできているハードガンケース最大の特徴です。

クッションと布を使ったソフトタイプガンケースよりも落下、衝撃に強く、防水性を備えているものや、軍用のガンケースではパラシュート降下に耐えられるガンケースもあるようです。

電車やバスなどの公共交通機関を使う人、値段の高いエアガンや、高価なライフルスコープをつけたスナイパーライフルなど、エアガン・装備に絶対に傷をつけたくない人には特におすすめです。

ハードガンケースの魅力2.積み重ねられる・保管にも便利

ハードタイプのガンケースは積み重ねられるため、持ち運びだけでなく保管にも便利です。

気密性が高いものは、湿気対策にも使えるため、銃のサビや光学機器を防げます。

乾燥剤などを一緒に入れておくと良いでしょう。

ハードガンケースの魅力3. ディスプレイしてもかっこいい

ハードタイプのガンケースはディスプレイにも使えます。

特に、銃や予備マガジン、光学機器の形にスポンジが切り抜かれ、ケースの中にエアガンやパーツが整然と並んでいると、とてもかっこいいですね。

本型のケースに入れて本棚の中においたり、楽器ケースの中にエアガンを入れて持ち運んだり、エアガンの収納も楽しくなるでしょう。

ハードガンケースおすすめ1.
キャスター付きで移動も楽なガンケース

こちらは移動に便利で、保管にも役立つ防水機能付きのライフルガンケースです。

長めで幅が広い35Lサイズなら、ライフル銃と予備マガジン、ハンドガンを同時に入れられるぐらいのサイズ、スコープ付きのスナイパーライフルなど長めのエアガンも入れられます。

防水機能付きで気密性も高いため、湿気対策にもなり、保管や雨の中の移動にも便利です。

1万円以下、という価格もエアガン用に使いやすくて良いですね。

ハードガンケースおすすめ2.
4挺入る!大容量ガンケース

ハンドガンをたくさん持ってレンジ・サバゲーに行きたい人、MP7やMAC10などの小型サブマシンガンを入れられるガンケースが欲しい人は、少し大きめで厚みがあるハンドガンケースがおすすめです。

こちらのガンケースはアメリカ製の実銃用、スポンジの中敷きを使って、合計4挺のハンドガンを入れられます。

ハンドガンが複数入る大きさを生かして、ドットサイトをつけたMP7を入れている人もいますね。ハンドガンとマガジンをまとめて保管するにも便利そうです。

ハードガンケースおすすめ3.
Glockユーザーならこれ?グロック用ガンケース

紙製の化粧箱に入って売られていることが多いエアガンですが、実銃は、このようなプラスチック製ハードガンケースに入って売られています。

エアガンを入れて、持ち運ぶのはもちろん、保管するときも実銃用のケースに入っていると雰囲気があっていいですよね。

エアガンを撃つだけでなく、コレクションして部屋に飾りたい人にもおすすめです。

ハードガンケースおすすめ4.
リュックの中に入れられる小型ガンケース

装備とエアガンをまとめてリュックやスーツケースに入れたい!

でも、エアガンは別にしっかり保護したい。そんな人には、こちら、ちょうどハンドガン一梃分サイズの小型ハンドガンケースがおすすめです。

邪魔にならないサイズで荷物が増えることもなく、エアガンをしっかり保護できます。

予備マガジンはベルトやタクティカルベストのマガジンポーチに入れて運びましょう。

ハードガンケースおすすめ5.
銃の保護はこれで完璧?軍用ガンケース

ペリカンは、工具・精密機器用のハードケースメーカーで、軍隊でも採用されている高い耐衝撃性と防水性が特徴です。

こちらは、そんなペリカン製のハードガンケース、M4と予備マガジン、光学機器などを入れて運べます。

スポンジは波型ではなく、エアガンやマガジンの形に切り抜いて使うタイプです。

頑丈な分、重いですが、キャスターも付いており、移動はしやすそうですね。

ハードガンケースおすすめ6.
ガンケースとしても使いやすいスーツケース

ケースの中にエアガンだけでなく、迷彩服や装備も入れたい… こちらは、そんな人におすすめの、縦に長いスーツケースです。

内寸790mmで、M4A1(ストックを縮めると770mmぐらい)も入れられますね。

見た目が普通のスーツケースということもあり、電車やバスでも、無駄な威圧感なく、かつ邪魔にならずに移動できます。

いわゆるガンケースではないため、迷彩服や装備で銃を包むなどして衝撃を吸収するように収納しましょう。

エアガンの保護を第一に考えるなら、ハードケースを使おう!

プラスチックや金属製の外装が特徴的なハードガンケース。

軽さや背負いやすさではソフトタイプに劣る部分もありますが、やはり、耐衝撃性や防水・防湿性はハードタイプが一番でしょう。

車移動で荷物が落ちたり、電車移動でガンケースをぶつけてしまったり、意外と銃が傷ついていないか気になる場面は多いはず。

特に高性能なライフルスコープをつけていたり、トレポンのように高価なエアガンを持っている人はぜひ、ハードガンケースを使ってみましょう。

The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー/ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。