サバゲーに人気のGoPro5選!【被弾対策の保護グッズも紹介】

サバゲーにおすすめのGoProを紹介

皆さんはサバゲーの動画、撮っていますか?

最近は安価なアクションカメラ・ウェアラブルカメラの登場やスマホでお手軽な撮影が可能になったこと、動画投稿のハードルが下がったことからサバゲー動画を投稿する方も増えています。

しかし、動画を投稿するなら映像が綺麗に越したことはありません。

そこで今回はアクションカメラの最高峰GoProを予算や用途にあわせて紹介していきたいと思います。

サバゲーでGoProを使って撮影する4つの魅力とは?

魅力1:高画質でブレない映像が撮れる

GoProは強力な手振れ補正や高性能なセンサーを搭載しているため、サバゲーのような激しい動きでも綺麗な映像が撮れます。

最近はGoProと同じような形をした安価なカメラが出回っていますが、画質の差は比べるまでもありません。

また最新モデルはスロー撮影などにも対応しているため、綺麗で印象的な動画を撮影することができます。

魅力2:カメラがサバゲーの妨げにならない

GoProは元々スポーツ撮影やバイクやドローンに搭載して使用することを考えて作られているので、装備にカメラをマウントするのが容易です。

特によく見るマウント方法がヘルメットのナイトビジョン用のシュラウドに取り付ける方法で、実際の軍隊や警察でも証拠採集やPRビデオ作成の際にこのような取り付け方をしています。

また20mmレールを利用して銃に取り付けることも可能でこの場合は「今どこを狙っているか」がよくわかる動画を撮影することができます。

同じことをスマホや普通のビデオカメラで行おうとすると手がふさがったり、専用のマウントを作る必要があるので、GoProを使う方が確実かつお手軽です。

魅力3:カメラの防護がしやすい

GoProは専用のケースが多く販売されているため、そのケースを使えばBB弾の直撃でもカメラが壊れにくくなります。

またサバゲーフィールドを走り回ることで砂や埃が舞ったり、急な雨でもカメラに悪影響が出ません。

スマホや普通のカメラだと画面やレンズがBB弾で割れてしまったり、砂がレンズの間に入ってしまうこともありますがGoProなら安心です。

魅力4:スマホと連動で使いやすい

GoProと対応するスマホアプリを使用することで動画を簡単に編集したり、カメラを遠隔操作することができます。

カメラだけでは使いにくいですが、スマホと連動させればいちいちマウントからカメラを外すことなく操作できます。

またスマホで使うようなモバイルバッテリーで充電することが可能なので、ゲーム中にバッテリーが切れてそのまま撮影できないというリスクも減らすことができます。

サバゲーにおすすめのGoPro5選!【高性能&カッコイイ】

こだわりが無いならこれが最適!迷ったらこれ

いわゆる普通のGoProです。

GoPro HERO7シリーズの中で最も高品質な手振れ補正機能や、シーンにあわせて撮影モードを自動調整するスーパーフォト、また設定を変えることでスロー撮影などの撮影機能を持っており、アクションカメラとして求められる機能は全て持っています。

GoProの中では値段は高い方ですがその分綺麗な映像が撮れ、値段もカメラとしてはそこまで高くないですし、良いものを買っておけば数年経っても見劣りすることなく使えるので特にこだわりの無い方にはこのGoProをおすすめします。

お手軽に撮影を行いたい方にはこれがおすすめ!4K撮影にも対応

GoProHERO7シリーズの中でミドルエンドモデルのものです。

値段はハイエンドモデルよりも1万円ぐらい安くなっており、購入しやすい値段になっています。

性能はハイエンドモデルと比べると手振れ補正の性能などが劣りますが、単純に動画を撮影するなら十分な性能を持っています。

ハイエンドモデルに手が出ない、特別な機能がいらないという方にはこちらがおすすめです。

2台持ちのカメラとしておすすめ!低価格のGoPro

GoPro HEROシリーズの中で最も低価格な製品です。

価格はハイエンドモデルの6割程度になっていますが、防水性能や堅牢さは他のものと変わりません。

撮影の画質はローエンドモデルとはいえフルHD撮影が可能で手振れ補正機能も優秀です。

低価格なので2台購入して1台はヘッドマウントで全体を撮影、もう一台はエアガンに付けて射撃時のターゲットなどを撮影という使い方もできます。

360°撮影が可能!PR動画撮影に最適!

GoProの中でも360度撮影が可能なモデルです。

360度動画は加工やアップロードが面倒で、編集にも大容量のソフトを使うため、ある程度良いPCを持っていないとできませんが、その分アップロードできた際のインパクトがあります。

サバゲーチームの勧誘やプロモーションで使う動画撮影などはインパクトが重要なので、このタイプのカメラをチームで一台買っておくと面白いかもしれません。

少し前のハイエンド!コスパを重視する方におすすめ!

GoProHERO6のハイエンドモデルです。

最新のものよりも一世代前のものになりますが、ハイエンドモデルなので4K撮影対応で非常に優秀な性能を持っています。

HERO7世代のハイエンドと比較すると劣る部分もありますが、性能としてはまだまだ第一線で使用できます。

サバゲー時のGoProの取り付け方法は?【マウントも紹介】

サバゲーでGoProを使う際の取り付け方には大きく分けてヘルメットなどに取り付ける方法と銃に取り付け方法があります。

ここからはこれらの取り付け方について紹介していきます。

ヘルメットに取り付けるにはこれ!

強力な両面テープでヘルメットに取り付けるタイプのカメラマウントです。

これなら両面テープを取り付けられるものなら何にでも付けられるので、大変便利です。

帽子などに取り付けるならこれ!

こちらは昔からよくあるタイプのカメラマウントです。

ヘルメットを使わない方にはこちらがおすすめです。

首からぶら下げることも可能!

GoProを首からぶら下げて撮影するためのアイテムです。

サバゲーで使うと射撃時に手でカメラが隠れてしまったり、激しく動いたときにずれたりする可能性もあるので、これを使用するときはカ射撃時だけ別のカメラで撮影できるようにGoPro2台持ちをおすすめします。

銃に取り付ける場合はこれ!

エアガンのバレルなどに取り付けて使用できるマウントです。

バレルの先に取り付けると構えたり走ったりすると遠心力がかかるので、その場合はマウントの上からビニールテープなどで外れないように補強すると安心です。

被弾が怖い…!サバゲーマーに人気のGoPro保護グッズを紹介

安心の防水ケース

プラスチック製の防水防塵ケースです。

プラスチックですがエアガンで撃たれて壊れるような構造ではないので、ひとまずこれを使えば安心です。

ハイエンドモデル用のアルミケース

HEROシリーズのハイエンドモデル専用アルミケースです。

金属製の外装なのでプラスチック製のものよりも安心感があります。

カメラの放熱効率を考えた構造なので長時間の使用でも安心です。

レンズと液晶を守る保護フィルム

レンズと液晶を守る保護フィルムです。

ケースと合わせてこのフィルムも貼っておけば液晶やレンズが割れることはほぼなくなるのでおすすめです。

持ち歩きの際にはこれが必須

GoPro用の保護ケースです。

サバゲー中だけでなく行き帰りの間に破損する可能性もあるので、このようなケースに入れて置いた方が無難です。

GoPro fusion用ならこれ!

360度撮影が可能なGoPro fusionモデル用の保護ケースです。

fusionシリーズは大型で専用のケースが必要なので、このタイプのものを使うと安心です。

GoProでサバゲーを撮影してみよう!

GoProは高度な撮影が簡単にできる大変優れたカメラです。

サバゲーの撮影はカメラを直に撃たれることがあるため防護をしっかりして撮影する必要がありますが、その分高画質で撮られた映像は刺激的なものになります。

サバゲーのプレイ映像を見てサバゲーを始めるという方も多いので、ぜひ皆さんもサバゲーの映像をGoProで撮影して、Youtubeやニコニコ動画などでアップ、みんなとシェアしてみてください。