サバゲーにおすすめのバラクラバ5選【特殊部隊風でカッコイイ】

サバゲーにおすめのバラクラバを紹介
The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー/ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。

首や耳元までしっかり覆えるサバゲー装備「バラクラバ」の魅力とは何でしょうか?

ゲームに登場する特殊部隊のバラクラバから迷彩効果の高いギリーまで様々なバラクラバを紹介します。

また、歯を守るためのフェイスガードやヘルメットなどバラクラバと合わせて使いたい装備についても解説します。

そもそもバラクラバとは?

サバゲーでのバラクラバの画像

バラクラバ、別名目出し帽はもともと防寒目的で作られ、軍隊では防寒の他に、火傷などの怪我防止、個人を特定できないようにする覆面などの目的で使われています。

では、そんなバラクラバをサバゲーで使う魅力とはなんでしょうか?

ここからはサバゲーでバラクラバを使う魅力を3つ、紹介します。

サバゲーでバラクラバを用いる3つの魅力とは?

バラクラバの魅力1. 耳や首をしっかり守れる!

指や体を手袋・迷彩服でカバーしても、耳や首までしっかり守っている人は意外と少ないです。

バラクラバを使うと耳や首を被弾から守れます。

完璧とはいきませんが布が1枚あるだけで、BB弾が当たった時の痛みはぐっと減ります。

バラクラバの魅力2. 軍装備・コスプレ装備との相性が良い

バラクラバは軍隊の装備やコスプレ装備でサバゲーをするのにもぴったりです。

覆面の特殊部隊装備や犯罪者風装備など、顔が隠れてしまうので誰でも簡単に、それっぽい装備コスプレを楽しめます。

バラクラバの魅力3.迷彩効果も高い

森の中に入ると、人間の肌の色はかなり目立つことがわかるでしょう。

バラクラバは肌の色や頭の輪郭を隠すためにも使えます。

迷彩柄のものや、ギリースーツのように葉っぱがついたタイプがおすすめです。

サバゲーにおすすめのバラクラバ5選【特殊部隊装備からギリーまで】

オールシーズンで使えるバラクラバはこれ

薄手で通気性がよく、ゴーグルが曇りにくいため、オールシーズン使えるベーシックなバラクラバです。

顔全体を覆えるだけでなく、ネックウォーマーのように首元に巻いて使える柔軟性も特徴です。

特殊部隊装備にあう「ブラック」、迷彩効果も高いサンド・グリーンのカラーバリエーションがあります。

特殊部隊装備におすすめ!スカルバラクラバ

「コール・オブ・デューティー」に登場する特殊部隊隊員「ゴースト」、彼の特徴はその名の通りドクロ模様のバラクラバを使っていることです。

恐ろしい見た目で軍隊でもよく使われる「ドクロマーク」には独特のかっこよさがありサバゲーでも人気です。

このスカルバラクラバを使えば、ゴーストのようなかっこいい特殊部隊装備でサバゲーを楽しめるでしょう。

迷彩効果を大切にするサバゲーマーにおすすめ

森の中で人の肌色はとてもよく目立ちます。

首や頭の肌色を隠してしっかり隠れるなら、迷彩柄のバラクラバを使いましょう。

安くてコスパが良い点もおすすめです。

ダークブラウンや森林迷彩などのオリジナル迷彩柄の他に、自衛隊迷彩やマルチカムなど実在の迷彩柄のバリエーションもあるようです。

ロシア軍装備に最適なデジフロバラクラバ

ロシア軍で使われている迷彩「デジタルフローラ」(通称デジフロ)柄のバラクラバです。

ロシア軍装備と迷彩柄を合わせつつ、首の後ろ側や耳を保護できます。

メッシュ素材で薄手なため夏場でも使いやすいことも特徴です。

ギリースーツを使うサバゲーマーに最適!ギリーバラクラバ

体の輪郭を隠し、高い迷彩効果で知られる装備「ギリースーツ」。

しかし、顔や首の肌の色やアゴの下にできる影が目立ってしまうと、しっかり隠れられません。

アメリカのハンティング装備メーカー「North Mountain Gear」のギリーバラクラバを使えば、頭全体をギリーでカバーできます。

バラクラバと併せて揃えたいサバゲー用装備・グッズ5選!

歯をしっかり守るためにフェイスガードも使いましょう

布でできているバラクラバだけでは歯を被弾から守れません。

大切な歯を守るためにはフェイスガードを使いましょう。

少しサイズが緩めのバラクラバを買って、フェイスガードの上にかぶると、歯を守れるだけでなく鼻が高く見えるという効果もあるそうです。

バラクラバにフェイスガードを接着したり、フェイスガードの頬部分を切ったりして改造する人もいるようです。

バラクラバと組み合わせて特殊部隊風装備をしよう!

軍隊で耳栓、無線機のヘッドセットとして使われているCOMTACのレプリカです。

バラクラバとの組み合わせで特殊部隊風にしたり、スカルマスクと組み合わせてゲームキャラクターの装備を再現したりするのも良いでしょう。

特殊部隊装備を再現したい人におすすめのヘルメット

テロや国内での犯罪と戦う特殊部隊では、テロリストや犯罪者からの報復を防ぐために、バラクラバを使って顔を隠すことが良くあります。

ヘルメットとバラクラバを組み合わせて、そんな特殊部隊装備を再現してはいかがでしょうか。

こちらのFASTヘルメットは暗視装置やライトを付けるためのレールが付いており、特殊部隊でよく使われています。

曇りにくいゴーグルならこれ

バラクラバの欠点は、どうしてもゴーグルが曇りやすくなってしまうこと。

なので、バラクラバを使うなら曇りにくいゴーグルを使いましょう。

フランスのゴーグルメーカー「ボレー」のX800タクティカルゴーグルは通気性がよく曇りにくいことで知られています。

指先をしっかり守るならこれ

顔や首だけでなく、指先もBB弾が当たった時に痛い場所の一つです。

手袋を使ってしっかりと指先を守りましょう。

地面やバリケードに手をついた時の怪我防止の役にもたちます。

バラクラバはコスプレだけでなく実用性も十分

特殊部隊装備やゲームキャラクターのコスプレ装備といった見た目的な部分から、肌の色や頭の輪郭を隠して、被弾から顔を守れるという実用的な面までバラクラバの魅力をわかっていただけたでしょうか?

夏場はメッシュ素材の薄手のバラクラバ、秋冬のサバゲーでは綿など厚手のものを使うと寒さ対策にもなって良いと思います。

実用性もかっこよさも兼ね備えたバラクラバをぜひ使ってみてください。

The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー/ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。