サバゲーにおすすめのタクティカルグローブ5選【サバゲーには必須】

サバゲー用におすすめのタクティカルグローブを紹介
The following two tabs change content below.
Sassow

Sassow

サバゲーマー / ブロガー / YouTuber
九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。

サバゲー装備の中でほぼ必須といえるグローブ。

特に戦闘に特化したものをタクティカルグローブと呼びメジャーな装備のひとつです。

しかし、グローブがなくてもサバゲーが出来るため、その必要性を感じられないという方や、初心者のうちに適当なグローブを買ってはみたけどイマイチしっくり来ないという方も多いのではないでしょうか。

今回は今一度グローブを見直したいアナタや、最初のチョイスで失敗したくない初心者の方にタクティカルグローブについてご紹介です。

サバゲーでタクティカルグローブを用いる3つの魅力とは?

サバゲー用のタクティカルグローブのイラスト

タクティカルグローブの魅力1.手の被弾ダメージの軽減

サバゲーにおけるタクティカルグローブの最大の目的は手に被弾した際のダメージ軽減。

経験者なら痛感したことがあると思いますが、素手に被弾するとめちゃくちゃ痛いです。

しかし、相手にエアガンを向けることは、同時にエアガンを構えた手も前に出すことになるので、どうしても手に被弾する確率は高くなります。

これは、上級者になると無防備に体を出さなくなるのでより手への被弾率は上がってきます。

痛いだけならまだしも怪我する恐れも充分にありますので、タクティカルグローブの防御力は安全なサバゲーライフには欠かせません。

タクティカルグローブの魅力2.肌の露出を避けられる

サバゲーをするなら出来るだけ肌の露出は避けるべきです。

いくつか理由はありますが、まずはアウトドアフィールドでもインドアフィールドでも草木や障害物から身を守り、怪我のリスクを減らすというのが最大の理由。

また、人間は不意の転倒時、頭や体を守るために反射的に手を出して受け身を取ろうとするので、その衝撃を和らげるという点でもタクティカルグローブは重要です。

更にサバゲー中、実は肌色は結構周囲から浮いて見えることが多いので、グローブで手を隠すことで狙われにくくなるメリットもあり、安全面でも戦術面でもタクティカルグローブは大事な装備と言えます。

タクティカルグローブの魅力3.グリップ力アップ

タクティカルグローブは素手よりもグリップ力が大幅に上がるというメリットも見逃せません。

グリップ力アップにより、エアガンをしっかり握ることが出来るので射撃が安定します。
またマガジン取り出し時に滑ってしまうことも減り、マガジンチェンジもスムーズに行えます。

特にハンドガンの場合、銃自体が軽いのでしっかり手で保持できないとすぐにブレてしまい、射撃が安定しなくなりますのでこの効果はより大。

手の保護という点以上にサバゲーにおいてタクティカルグローブが重宝される理由がこのグリップ力です。

サバゲーにおすすめのタクティカルグローブ5選!【サバゲーマー必須の装備】

サバゲーマー支持率No.1の定番グローブ

人気のグローブメーカー「Mechanix Wear」製グローブ。

厳密にいえばタクティカルグローブではなく作業用のメカニックグローブです。

しかしこの作業用という点が大きなメリットになっていて、装着していても手の感覚を失いにくく、エアガンの細かいトリガー操作にも向いています。

サイズも選べるのでジャストフィットのものを探しやすく、洗濯も出来、コスト面でも優秀。全てのサバゲーマーにおすすめ出来ます。

デメリットとして防御力はやや低めで被弾時はそこそこ痛い点がありますが、デザインとコスパの良さから多くのサバゲーマーの支持を集めています。

防御力高めのグローブをお探しの方に

同じく「Mechanix Wear」製グローブですが、こちらは手の保護能力が格段に高く設計されたタクティカルグローブ。

手の甲にはプロテクター、内側には耐衝撃用ジェルパッドが搭載されており、被弾や転倒時のダメージから守ってくれます。

一方でフィット感や手の感覚の残りやすさなど、作業用グローブとしてのベースモデルから踏襲された部分もあり細かな作業も可能。

激しい撃ち合いの多いフィールドや戦闘の最前線に出るスタイルの方におすすめのモデルです。

リアルミリタリー物が欲しいならコレ

サバゲーマーにも人気のミリタリーブランド「5.11」のタクティカルグローブです。

メイン素材は伸縮性・通気性に優れるナイロンで装着しても不快感が少なく、内側に人工皮革を使用してグリップ力を高めているのが特徴。

また、親指の付け根部分には額の汗を拭き取れるよう布地が貼り付けられており、質の高い戦闘を補佐してくれます。

リアルミリタリーブランド製だけあって機能性が非常に高く、一度手に入れてしまえば長く使えるタクティカルグローブになってくれるでしょう。

コスト重視でも納得のグローブ

いきなり数千円ものグローブに手を出すのはちょっと…というサバゲー未経験者や初心者の方にお試しという意味でおすすめできるものがこちら。

ナックル部分には保護パッド、掌にはラバーグリップが付いており、機能性は充分。

グローブ自体も軽量で極端に厚手ではないので一般的なエアガンの操作であれば問題ありません。

グローブの価格差は主にフィット感と耐久性にあると思いますので、使用してみて指先の感覚に問題がなければ使い倒してしまいましょう。

実はワタシも最初に選んだグローブがコレでしたが、今でも予備として持ち歩くくらいちゃんと使えるグローブになっています。

指の細かな感覚が絶対に必要!という方へ

タクティカルグローブの中にはスマホ操作が可能なものもありますが、それ以外にもカメラの操作など指の細かい作業が必要な方もいらっしゃるかと思います。

かといってグローブの脱着を毎回するのも面倒…そういった方にはハーフフィンガーグローブという手もあります。

こちらは前述のグローブと同じ仕様で指を露出させるタイプとなっており、機能性もサバゲーの使用には問題なく設計されています。

ただ、安全面では指の露出があるので、他のグローブと比べリスクが増えることを承知した上で選んでください。

人気のタクティカルグローブをAmazonでチェック!

本記事で紹介したものは筆者が自信を持っておすすめするものですが、他にも人気のものは多数存在します。

是非Amazonでもチェックしてみてください。

Amazonの売れ筋ランキングで
タクティカルグローブを見てみる

タクティカルグローブと併せて揃えたいサバゲー用装備・グッズ5選!

未使用時にグローブを上級者っぽく所持したいなら

ゲーム以外の時間、例えばセーフティゾーンでの待機中など、グローブを外しているときにどこに置くか迷ったことはありませんか。

また、フィールドに入っていく際に「あ、グローブ忘れた!」なんて急いで取りに戻った経験はありませんか。

そんなアナタにおすすめなのがカラビナ。簡単に言えば装備に取り付けて様々なアイテムを所持するフックです。

紛失防止という意味でも役立ちますし価格も高くないので、愛用のグローブを手に入れたら併せて用意してみてはいかがでしょうか。

未使用時でもグローブをカラビナで所持しておくとちょっとデキるサバゲーマーっぽくなれます。

ストラップループのないグローブ所持にはこちら

こちらも未使用時のグローブ所持用のアイテム。

タクティカルグローブの中には戦闘の邪魔になるという理由もあるのか、カラビナに引っ掛けられるループのないものもあります。

そういった場合にはグローブクリップで所持しておくと良いでしょう。

こちらは作業用品メーカー大手の「TRUSCO」製なので信頼性も高くお値段は控えめ。
カラビナ同様、もしくはそれ以外にサバゲー職人感を演出してくれます。

未使用グローブ所持にはダンプポーチという手も

どうせならいつも使っている装備でいいじゃん!ということで、ダンプポーチにグローブを放っておくという手もあります。

ダンプポーチは基本的には使用し終えたマガジンを収納しておくポーチになりますが、サバゲー中でなければ空のままが多いと思いますので、代わりに小物収納として使うことが出来ます。

大口で大容量のダンプポーチであれば、グローブを取り外してそのままサッと収納しておけるので、激しいゲームのあとに息切れ状態でクリップやカラビナに止める動作よりも楽というメリットも。

使用前にサッと吹いて安心の防水スプレー

グローブに限らず全てのサバゲー装備の使用前に使いたいのが防水スプレー。

水に濡れた箇所への進行の他、晴天であっても急な雨、冬場ならば露のおりた状態など、特にアウトドアフィールドでは水濡れは珍しくありません。

装備の水濡れは汚れの付着や耐久性の低下だけでなく、体温が下がったり不快だったりと出来る限り避けたいところですので、防水スプレーはサバゲーマー必須のアイテムのひとつ。

サバゲーに持っていって邪魔にならない小容量のもので、防水効果が高く、また一部に合皮が使われているグローブもあるのでそれに対応するものがベストです。

どうしても寒いのに耐えられない!!なら

こちらは防寒用のインナーグローブ。冬場の寒さに耐えられない場合にはタクティカルグローブの下にこういったグローブの装着を検討しても良いかもしれません。

タクティカルグローブは戦闘だけでなく作業にも支障がないよう、手の防護性を高めつつ指の操作性を損なわないように作られています。

サバゲーにおいては実際の戦闘のように何か特殊な兵器を操作したりすることは少なく、指の動きはトリガー操作が主になりますので、そこまで指の感覚に正確性は求められないと思います。

ただそれでも、グローブの下に更にグローブということで、指の感覚はかなり鈍ってしまうと思いますので納得した上で使用を検討してみてください。

タクティカルグローブはただの手袋にあらず

タクティカルグローブは基本的には手袋ですが、より戦闘を快適に安全にするために素材の選定やパーツ搭載など独特の工夫がされています。

グローブがないとサバゲーが出来ないわけではありませんので、最初は持っていた軍手などで参加される初心者も見かけたりしますが、タクティカルグローブはただの手袋にあらず。

装着するだけでそのメリットは絶大、個人的にサバゲーにグローブは必須のアイテムだと思っています。

既にお持ちの方もそうでない方も、より良いタクティカルグローブを選んでサバゲーを更に快適に楽しんでください。

長物ガスブロのおすすめを紹介

【初心者必読】サバゲー装備は3つでOK!絶対に必要な装備とおすすめ紹介

11月 30, 2019
The following two tabs change content below.
Sassow

Sassow

サバゲーマー / ブロガー / YouTuber
九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。

ABOUTこの記事をかいた人

Sassow

九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。