サバゲーのヘッドセット最強7選&使い方解説【実物&レプリカ】

The following two tabs change content below.
マロダルマ

マロダルマ

サバゲーマー/ライター
暇だったので「サバゲーの記事書けるよ!」とうそぶいてみたら本当に記事のお仕事が来てしまい、ええいままよと引き受けたら続いてしまったサバゲーマー。 跳弾と流れ弾に当たることがやたらと多く、巷では「跳弾マスター」の異名をほしいままにしている。返上してえ。 サバゲー歴は7年ほどだが、フラッグゲットをした回数は両手の指に収まる範囲である。

サバゲーにおいて結構な数のプレイヤーが着用している「ヘッドセット」や「イヤーマフ」。
無線の通信音声を聞いたり、耳にダメージを与える爆発音などを軽減したり、逆に足音などを増幅して周囲の状況を把握しやすくしたりする、ごっついヘッドホンのようなアイテムです。

国内のミリタリーショップなどでは、実際にプロの現場で使われている実物から安価なレプリカまで多種多様な種類が販売されています。
しかし、多種多様すぎると選ぶのも一苦労ですし、説明書のないレプリカヘッドセットに至っては「買ったはいいものの使い方すらよくわからない」ということも多々あります。

今回は、

  • 「そもそもヘッドセットって必要なの?」
  • 「どうやって使うの?」
  • 「実物・レプリカでそれぞれオススメはあるの?」

という点に絞って、サバゲーにおけるヘッドセットの扱いかた・選び方をご紹介します。

サバゲーでヘッドセットは必要?ヘッドセットの使い方とは

サバゲーにおすすめのヘッドセットを紹介

サバゲーでヘッドセットって必要なの?

筆者の結論としては「別になくても戦えるけど、あると便利」です。
冒頭で説明したとおり、ヘッドセットやイヤーマフには主に以下の3つの機能があります。

サバゲーにおけるヘッドセットの3つの機能

  1. 無線の通信音声を聞く
  2. 周囲の騒音を軽減する
  3. 足音や会話など、周囲の状況を把握する音声を増幅する

しかし、どの機能もサバゲーにおいては絶対に必要とまでは言い切れません。無線機を使わず声だけのやり取りでも十分に戦えますし、大きな爆発音はサバゲーではまず発生しません。
人によっては「ヘッドセット?そんなもん無いほうがよっぽど音が聞き取りやすいぜ!」というサバゲーマーもいたりします。ニュータイプかよ。

逆に言えば、

  • 無線機を使って離れた仲間とも密に連携する人
  • 余計な雑音をカットして、周囲の音を逃さずキャッチしたい人

など、自分の戦術・戦略をフルに駆使する人には大きな助けになるかと思います。自分のサバゲースタイルにあわせて使うとよいでしょう。

余談ですが、ヘッドセットは装備のアクセントとしてはとてもかっこいいアイテムなので、(実際ゲームで活用するかどうかはともかくとして)ただ着用したいだけ!という理由で所持している人も結構います。

かくいう筆者も、通信など全くしないのにヘッドセットを持っている一人です。だってSEALSの着けてるCOMTACかっこいいんだもん…

ヘッドセットの使い方

ヘッドセットの使い方(1) 無線機に接続して使う

免許なしで使用できる特定小電力トランシーバー(以下、『特小無線』と呼びます)等に接続し、音声を聞く際に使用します

特定小電力トランシーバーの例

アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック IC-4300
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

ここで注意が必要な点が一つ。

ヘッドセットとトランシーバーはそのままでは接続できない場合が多く、無線機のメーカーに対応したPTTデバイスを別に購入する必要があります。

PTTデバイスの例

ZTACTICAL Zタクティカル NEXUS U94タイプ PTTスイッチ ICON対応コネクター
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

ヘッドセット・PTTデバイス、・無線機の3つが互いに対応したものでないと使用できないため、商品説明などをよく確認して購入しましょう!

ヘッドセットの使い方(2) 集音装置として使う

メーカーによって細かい違いはありますが、大抵のヘッドセットは電池を入れてスイッチをONにすれば集音マイクが作動し、騒音カット・足音などの増幅を自動で行ってくれるようになっています。無線機に接続せずとも、集音装置として活用すればサバゲーでの助けとなるでしょう。

ただし、質の悪いレプリカの場合、回路の設計がずさんなせいでうまく作動しない・すぐに電源が切れるという不具合もよくあります。こればかりは購入して使ってみるまでわからない点なので、不安な人は実物ヘッドセットを使用しましょう。

サバゲーのヘッドセットは実物を買うべき?レプリカ(ダミー)を買うべき?

実物のヘッドセットを買うメリット・デメリット

メリット:性能が良い

各国の軍・警察など、タフな現場で実際に使われている実物ヘッドセットは耐久性が高く、音声もクリアで聞こえやすい点がメリット。値段はピンキリですが、通信機能を重視していないイヤーマフであれば数千円で手に入れることができます。

デメリット:入手性が悪い機種、扱いづらい機種がある

特殊部隊向けヘッドセットのCOMTACⅡなどは、Amazonではほぼレプリカしか取扱がなく、オークションサイトなどで探すしかないのが現状です。結構高額ですが…

また、たとえ手に入ったとしても、元々軍用の大出力無線機に対応したものであるため特小無線では動作しない場合も多く、端子部分にカスタム加工が必要なことも…

狩猟や競技射撃用に製造されているイヤーマフであれば容易に手に入りますが、こちらはこちらで、騒音カットや会話増幅機能のみ、通話機能は実装されていないことも多い、というデメリットがあったり…

しっかりした無線環境で通話をしたい!という人は、無理に軍用の実物を買うよりも特小無線と専用のイヤホンをセットで購入したほうが確実かもしれません。

レプリカ(ダミー)のヘッドセットを買うメリット・デメリット

メリット:値段が安く、手に入りやすい

実物は手に入りづらいCOMTACヘッドセットですが、レプリカなら大量に取扱があるためすぐに手に入ります。値段も高くて1万円台と十分手の届く範囲にあるのが嬉しいですね!

デメリット:個体差があり、耐久性や性能が悪いものに当たることもある

サバゲー用装備、特にヘッドセットや光学機器など精密なものは、レプリカ製品の当たり外れが大きいことで有名です。

音質が悪かったり、すぐに壊れたり…といった不具合が実物と比べて多いのですが、購入して使うまでは不具合があることがわからないのも難点ですね。

結局、実物とレプリカのどっちを買えばいいの?

「場合によるんじゃね?」というのが正直な感想です。

どれも一長一短なので、これさえ使っとけば間違いないぜ!とはいかないのがサバゲー装備のめんどくさい所でもあるし、面白いところでもあるんですよねえ…

無線を使って確実に通信をしたい場合

手に入りづらい実物でも、質に個体差があるレプリカでもなく、ごく普通の特小無線用ヘッドセットを買うことをおすすめします。

装備のかっこよさにこだわりたい場合

実用性はとりあえず置いておいて、レプリカの軍用ヘッドセットをオススメします。
オークションでの購入や個人輸入、手に入れたあとの調整などを全部やる覚悟があるならば、実物のCOMTACいってみようぜ!

無線は使わないけど周囲の音だけ拾いたい場合

実銃用のイヤーマフをオススメします
なんだか投げやりな話に思えるかも知れませんが、いやほんと、場合によるので各々頑張ってくれとしか言いようがないんですよ。すまん!

【実物】本物のヘッドセットでサバゲーしたいあなたにおすすめのヘッドセット3選

おすすめの実物ヘッドセット(1)

Impact Sport Electronic Earmuff インパクトスポーツ エレクトリックイヤーマフ
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

実銃射撃の現場でよく使われているヘッドセット(正確にはイヤーマフ)です。

7000円台という安い値段と、それでいて騒音カットと周囲音の増幅機能がしっかりしていることが特徴の、筆者イチオシヘッドセット!3.5mmイヤホンジャックに対応した無線機であれば接続が可能です。

耳に当てる部分が薄いためヘルメットを被っても干渉しづらい点も嬉しいですね。

欠点としては、集音マイクのスポンジが外れやすい点と、音量調節ダイヤルと電源スイッチが一体になっているため、他の装備と干渉して不意に電源が入り、気づかずそのまま電池切れに…という事態がよく起こる点でしょうか。

「とりあえず実物のヘッドセットを使ってみたい!」という人にオススメの一品です。

おすすめの実物ヘッドセット(2)

先程紹介したインパクトスポーツのものと同等の性能ですが、こちらは持ち運び用のキャリングケースが付属しています。

この手のイヤーマフは小さく折り畳めるので持ち運びにはそれほど苦労しませんが、キズや紛失を避けたい場合はこちらが良いでしょう。

おすすめの実物ヘッドセット(3)

声帯の振動を直接拾って音声に変換するスロートマイク(咽喉マイク)とイヤホンがセットになったもの。

映画「エクスペンダブルズ」や、アニメ「ガールズアンドパンツァー」で同様のものが使われていますね。

骨伝導マイクで直接声帯の振動を拾っているため雑音が混じりにくく、騒音が大きい場所でも確実に相手に音声を伝えられる点が利点です。

雑音が混じるのがいやだ!クリアな音声で会話したい!という人にオススメ!

人気の実物ヘッドセットをAmazonでチェック!

本記事で紹介したものは筆者が自信を持っておすすめするものですが、他にも人気のものは多数存在します。

是非Amazonでもチェックしてみてください。

Amazon.co.jpで
実物ヘッドセットを見てみる

【レプリカ】ダミーのサバゲー用ヘッドセットを買うならこの3つがおすすめ

おすすめのレプリカヘッドセット(1)

Comtac II ヘッドセット 国内保証 電池付属
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

特殊部隊系装備を再現したい人、見た目のかっこよさにこだわりたい人にはオススメのヘッドセットです。

レプリカながら質がよく、集音機能も騒音カットもしっかり機能します。

細かい部分の耐久性が少々悪いようで、集音マイクのスポンジが外れやすい、といった感想を知り合いから聞いたことがあります。

また、締め付けがやたらキツイので耳が痛くなるのも難点と言えば難点。筆者の頭がデカイだけのような気もしますが…

レプリカは質が悪いものも多い、と先ほど説明しましたが、Z-TACのものは比較的質がよく、対応しているパーツ類も豊富です。迷っている人はとりあえずZ-TACのヘッドセットを買うといいかもしれません。

おすすめのレプリカヘッドセット(2)

ZTACTICAL THALESタイプ ハンドセットスピーカーマイク(ICOM)
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

実物で紹介したTHALES スピーカーマイクのレプリカ版です。

実物と比べると音質に劣り、イヤホンが使用不可だったりとイマイチな部分が目立ちますが、値段が実物の5分の1以下とかなりお求めやすくなっている点が魅力です。

「実物には手がとどかないが、とりあえず雰囲気だけでも…」という人にオススメです。

【おまけ】レプリカではないがおすすめのヘッドセット

アイコム 耳掛け型イヤホンマイクロホン
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

レプリカ…とは少し違いますが、レプリカよりもこういったごく普通の特小無線用ヘッドセットの方が品質がよく、サバゲーでも有効に使えることが多いので紹介しようと思います。

耳掛け型かつマイクが口元まで伸びているタイプだと手元がフリーな状態で話せる点がメリット。同型のものを何度かサバゲーで使用しましたが、タクティカルベストに取り付けたスイッチを押せばそのまま通話できるのでかなり便利でした。

サバゲー用に使おうとすると、あまりミリタリー感がなく物足りないのが欠点でしょうか。

「とにかくコスパがよくてちゃんと通話できるヘッドセットがいい!」という人にオススメです。

人気のレプリカヘッドセットをAmazonでチェック!

本記事で紹介したものは筆者が自信を持っておすすめするものですが、他にも人気のものは多数存在します。

是非Amazonでもチェックしてみてください。

Amazon.co.jpで
レプリカヘッドセットを見てみる

まとめ:良いヘッドセットはサバゲーの戦術の幅を広げる

冒頭で「別にヘッドセットなんてなくてもサバゲーはできるよ!」と書きましたが、あった方が有利かもなあ…と思うこともよくあります。

無線通信をするとしないとでは情報共有のレベルがかなり違ってきますし、壁の向こうにいる敵の足音が聞こえるのと聞こえないのとでは、後者の方が取れる戦術の幅がぐんと広がります。

皆さんも、フラッグに少しでも近づくため、相手に少しでも弾を当てるために、ヘッドセットにこだわってみてはいかがでしょう?

サバゲーの無線機おすすめ3選!【ヘッドセットやイヤホンも紹介】

1月 11, 2019
The following two tabs change content below.
マロダルマ

マロダルマ

サバゲーマー/ライター
暇だったので「サバゲーの記事書けるよ!」とうそぶいてみたら本当に記事のお仕事が来てしまい、ええいままよと引き受けたら続いてしまったサバゲーマー。 跳弾と流れ弾に当たることがやたらと多く、巷では「跳弾マスター」の異名をほしいままにしている。返上してえ。 サバゲー歴は7年ほどだが、フラッグゲットをした回数は両手の指に収まる範囲である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

マロダルマ

暇だったので「サバゲーの記事書けるよ!」とうそぶいてみたら本当に記事のお仕事が来てしまい、ええいままよと引き受けたら続いてしまったサバゲーマー。 跳弾と流れ弾に当たることがやたらと多く、巷では「跳弾マスター」の異名をほしいままにしている。返上してえ。 サバゲー歴は7年ほどだが、フラッグゲットをした回数は両手の指に収まる範囲である。