軍用バックパックおすすめ7選!【機能美と信頼性が重要】

軍用バックパック
The following two tabs change content below.
Shie0327

Shie0327

大自然と、その自然の中で楽しむアクティビティが生きがい。高校生のときにはじめて購入したエアガン「南部十四年式」は、使い勝手に関わらずお気に入り。怪我なく、楽しく、真剣にをモットーに北海道でサバゲーを楽しんでいる。サバゲーはもちろん、サバゲーのあとのアウトドア飯にも凝りだしている。

荷物を持ち歩くことが多くなるアウトドアやサバゲーの場面では、背中に背負うことができるバックパックは非常に便利です。

実際の軍人も同じ理由で任務中はバックパックを背負うわけですが、これはなにもサバゲーやアウトドアに限った話ではありません。

日常生活においても、軍用バックパックが活躍する場面は大いにあります。

この記事では、サバゲーだけではなく日常でも活躍してくれる軍用バックパックについてご紹介します。

おすすめのミリタリーリュックを紹介

ミリタリーリュックおすすめ15選!【拡張性が高くて頑丈!】

5月 16, 2020
サバゲー用リュックのイラスト

サバゲーにおすすめの大容量リュック12選|中身の荷物&装備は?

6月 14, 2019

軍用バックパックの3つの魅力とは?

軍用バックパック

軍用バックパックの魅力1.
両手がフリーになり活動しやすく!

日常生活においても、鞄を手に持って歩くというのは意外と大変なものです。

現代ではサラリーマンも手提げ鞄よりリュックやメッセンジャーバッグを使うことが多くなってきています。

このように、両手をフリーにして使えるという意味で、軍用バックパックは様々なシーンでその利便性を遺憾なく発揮してくれるのです。

もちろん、サバゲーやアウトドアなど、特に両手を使わなければならない作業が出てくる場面では、さらに軍用バックパックの活躍の場面は多くなります。

軍用バックパックの魅力2.
収納力と利便性を併せ持つのが軍用バックパック

軍用バックパック

多くの荷物を持ち歩きつつ、必要なときにすぐに必要な機能、荷物にアクセスできるというのが軍用パックパックの特徴です。

たとえば飲み物へすぐに手が届くとか、バックパックに入れておいた携帯電話をすぐに出せるといったようなことは、日常生活においても便利でしょう。

また、サバゲーの場面においては、収納していたマガジンやガスなどをすぐに取り出せて、すぐにしまえるというようなことも利便性のひとつに数えることができます。

軍用バックパックの魅力3.
「軍用」という要素が持つ質実剛健・機能美のイメージ

軍隊や軍人は、利便性や機能性を追求する傾向にあります。

そのような機能美、質実剛健なイメージを好む方も多くいるでしょう。

軍用バックパックが持つそうした機能美は、なにもサバゲーやアウトドアの場面だけで認識されるものではありません。

街歩きの場面や日常生活の場面でも、こうした機能美を持つバックパックを持つこと、そして活用することは、大きな喜びをもたらしてくれるでしょう。

おすすめの軍用バックパック1.
MFH バックパック ドイツ連邦軍タイプ

ドイツ連邦軍再現モデル!どのカラーも使いやすい

このバックパックのデザインは、ドイツ連邦軍官給品のデザインを忠実に再現しています。

科学技術はもとより、製造の分野でもその実用性が評価されることの多いドイツという国ですが、バックパックにもその片鱗が現れています。

余分な機能や装飾を極力排除しており、必要な機能がぎゅっと詰まったバックパックには、質実剛健な美しさがあります。

カラー展開はフラクタル迷彩、グリーン、ブラックの3色あり、いずれも日常生活でもサバゲーなどの場面でも活用しやすいデザインです。

アルミフレーム搭載、大容量100L。実用性もばっちり

ドイツ連邦軍再現デザインというビジュアルに目が行きがちですが、このバックパックは実用性にも見るべきものがあります。

まず、構造として軽量アルミフレームが使用されており、たっぷり物を入れてもバックパックの形が崩れにくくなっています。

また、メイン部分(中央)の容量が80L、左右両サイドのポケットには10L×2で、合計100Lという大容量を実現しています。

なにかと荷物の多くなるアウトドアやキャンプといったアクティビティの際にも、これひとつで多くの荷物を持ち歩くことができるでしょう。

もちろん、サバゲーの際にもマガジンなどの必需品をまとめて持ち歩くことができます。

おすすめの軍用バックパック2.
Akmax.cn 軍事リュックサック

ヘルメットも収納可能、ユニークな収納機能

サバゲーの場面でも、通常のアウトドアなどの場面でもそうですが、荷物すべてをひとつの鞄やバックパックに収めようとすると、どうしても大型化してしまいます。

というのも、たとえばヘルメットなど、大きな球形スペースを必要とする荷物などもあるためです。

このバックパックは、外側のポケットが大きく展開するようになっており、書類をファイルしておくように、ヘルメットを挟んで持ち歩くことができます。

このユニークな機構は、サバゲーの場面でも大活躍でしょう。

もちろん、日常使用でも荷物の多い人にはぴったりのバックパックといえます。

ミリタリーらしい質実剛健なデザイン

このバックパックは、機能性を追求しているアイテムといえるでしょう。

それゆえに、装飾や凝ったデザインがなくても、「質実剛健」なイメージ、機能美を感じることができます。

バックパック全体に施されたマルチカムは、屋外での活動にぴったりとマッチします。

サバゲーにおいても、「兵士が持っているリュック」とひと目でイメージできるデザインとなっています。

おすすめの軍用バックパック3.
カリマースペシャルフォース Predator Patrol 45

世界の登山家や冒険家が評価する信頼性

一見シンプルな作りに見えるこのバックパックは、英国のアウトドアメーカー、「カリマー」社の製品です。

カリマー社は1957年からアウトドア分野に進出しており、これまでに多くの登山家、冒険家が同社の製品を評価しています。

実際の登山などで使用されることを想定した、汗を抑える通気機構、そして引き裂き強度、折り曲げ耐久性のあるナイロン布地を採用しており、屋外でのハードな使用にぴったりです。

また、ナイロン布地をシリコンでコーティングしてあることから、耐水性も確保されています。

屋外という環境で考えうる様々な困難に対応できるバックパックといえます。

軍用デザインでありながら街歩きでもおしゃれに

カラー展開は、マルチカム・ブラック・オリーブ・コヨーテの4色があります。

このバックパックは軍用・アウトドアでも使用できる信頼性を持ちつつも、街歩きなどカジュアルな場面にもしっかりとマッチするデザインが特徴的です。

バックパックを普段の生活の中で取り入れる方にとっても、高い耐久性や耐水性は嬉しい機能と言うことができます。

とはいえ、あまりゴテゴテしたアウトドアリュックは持ち歩きたくない、という方にぴったりのバックパックといえるでしょう。

おすすめの軍用バックパック4.
カリマーSF プレデターパトロール45+PLCE

ちょうどよい60Lサイズ、サバゲーにも便利

バックパックは、荷物をたくさん持ち運べることが魅力のひとつではあります。

しかし、たとえば何十日もかけて登山をするような人々が持つような大型のバックパックは、日常だけでなく普段のアウトドア・サバゲーなどでもかえって使いづらいものです。

このバックパックは、本体45L、サイドポケットに12.5L×2の計60~70Lの荷物を運搬することができるという、「ちょうどよい」サイズといえます。

なお、さらにコンパクトにしたい場合には、サイドポケットは着脱可能という嬉しい機能もあります。

無駄なく美しく、カリマーの信頼性が現れるデザイン

登山などのアウトドアにおける信頼性については、カリマーのバックパックはすでに多くの人を納得させています。

このほか、登山以外においても、たとえば非常に厳しい気候の国々を旅する方にとっても、このバックパックは非常に高く評価されています。

その機能面だけでなく、シンプルで無駄のないデザインは、多くの登山家、冒険家や旅行者の心を掴んでいます。

カラー展開はオリーブ、コヨーテ、ブラックの3色があります。

おすすめの軍用バックパック5.
陸上自衛隊 迷彩椅子付き大容量リュックサック

日本の地形状況にマッチする陸自迷彩デザイン

このバックパックは迷彩デザインを取り入れていますが、日本での活動が多い方にとって嬉しいポイントとして、「陸上自衛隊迷彩」が採用されていることが挙げられます。

陸上自衛隊の迷彩は、数ある迷彩柄の中でも、日本の地形条件の中で最大限の機能を発揮するようにデザインされています。

このようなことから、日本国内で使用すると、迷彩の柄と周辺の地形とがよくマッチするということになります。

もちろん、単に陸自迷彩を愛好している、という方にもぴったりでしょう。

30Lのコンパクト設計に「椅子」を搭載

バックパックとしてみると、このバックパックは30Lという容量で比較的コンパクトな部類に入ります。

しかし、サイドポケット、フロントポケットと分かれており、必要に応じて荷物を分けて携行することができるという機能性を持っています。

また、このバックパックのユニークな点として、背中に接する部分に折りたたみの椅子を搭載しているという点が挙げられます。

金属製の脚を展開するだけで簡単に屋外でも椅子が設置できるこのバックパックは、屋外でのサバゲーで休憩地点を設置したり、また登山などの場面でも活躍してくれること間違いなしです。

おすすめの軍用バックパック6.
Military Tactical Assault Packバックパック

ACUデジタル迷彩がクール!

米軍の新式迷彩として着目されている「ACUデジタル迷彩」は、もちろん戦闘用の迷彩としての評価が高いだけではなく、町中で使用してもクールなデザインです。

このバックパックには白色とグレーが目を引くデザインを取り入れており、一般的なマルチカムや森林迷彩とは一味違う「軍用」のデザインに仕上がっています。

サバゲーのフィールドでの使用だけでなく、日常生活においても「かっこいいバックパック」として注目されるデザインといえるでしょう。

シンプルでも高機能!高密度な耐水性素材

このバックパックの容量は34Lで、サイズはおおむね28cm×45.5cm×30cmと、比較的コンパクトな部類に入ります。

しかしながら、ハイキングやキャンプ、また日帰りの登山などのシーンではこのサイズ感がぴったりでしょう。

また、注目するべきポイントとして、耐水性能があります。

このバックパックは高密度の防水性素材が使用されており、悪天候下でも中の荷物を濡らすことなく運搬できるというメリットがあります。

急な雨などの場面でも慌てることなく、また天候が変わりやすい時期のサバゲーなどでも安心して使用できるバックパックです。

おすすめの軍用バックパック7.
Mcdobexy 軍事リュックサック

5つのポケットが非常に便利!

サバゲーをはじめ、アウトドアでの活動においては、バックパックに収納するものを「分けて入れる」ことは非常に重要です。

手早く必要なものを見つけて取り出すことが、そのままバックパックの利便性への評価にもつながります。

このバックパックはメインのポケットのほかに、小ポケットを5つも搭載できることが特徴です。

サバゲーにおいてやマガジンのほかサイドアームを収納してもよいですし、アウトドアの場面では飲み物や携帯電話などを分けて保管できるのも便利です。

大容量でもシンプルな見た目は野暮ったくない

このバックパックは、ポケットを合わせると合計で51L以上もの容量を持っています。

大きな容量を持つバックパックは、えてしてその分ずんぐりとしたフォルムになってしまいがちなのですが、このバックパックはポケットの配置が工夫されています。

大容量でも、野暮ったいデザインになっていないことが嬉しい点です。

カラー展開もオリーブのほか、ジャングル・デジタル・デザートデジタルなど複数の迷彩デザイン展開があり、お気に入りのカラーを選択して使うことができます。

人気の軍用バックパックをAmazonでチェック!

軍用バックパック

本記事で紹介したものは筆者が自信を持っておすすめするものですが、他にも人気のものは多数存在します。

是非Amazonでもチェックしてみてください。

Amazon.co.jpで
軍用バックパックを見てみる

軍用バックパックはハードな使用にも耐える心強い相棒

単に荷物を持ち歩くだけではなく、アウトドアやサバゲーといった過酷な環境でも使える軍用バックパックは、頼もしい相棒となります。

デザインが単に迷彩やオリーブグリーンであるというだけではなく、「軍用」を冠するに足りる実用性も持つ軍用バックパックは、屋外での活動を強力にサポートしてくれるでしょう。

また、軍用バックパックといってもシンプルなデザインのものが多いので、日常使用してもおしゃれに使えるのが特徴です。

ぜひお気に入りのバックパックを探してみてくださいね。

おすすめのミリタリーリュックを紹介

ミリタリーリュックおすすめ15選!【拡張性が高くて頑丈!】

5月 16, 2020
サバゲー用リュックのイラスト

サバゲーにおすすめの大容量リュック12選|中身の荷物&装備は?

6月 14, 2019
The following two tabs change content below.
Shie0327

Shie0327

大自然と、その自然の中で楽しむアクティビティが生きがい。高校生のときにはじめて購入したエアガン「南部十四年式」は、使い勝手に関わらずお気に入り。怪我なく、楽しく、真剣にをモットーに北海道でサバゲーを楽しんでいる。サバゲーはもちろん、サバゲーのあとのアウトドア飯にも凝りだしている。

ABOUTこの記事をかいた人

Shie0327

大自然と、その自然の中で楽しむアクティビティが生きがい。高校生のときにはじめて購入したエアガン「南部十四年式」は、使い勝手に関わらずお気に入り。怪我なく、楽しく、真剣にをモットーに北海道でサバゲーを楽しんでいる。サバゲーはもちろん、サバゲーのあとのアウトドア飯にも凝りだしている。