ハンドガン向けライトおすすめ5選!【夜間戦闘のために 】

サバゲーマー
The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー / ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。

軍や警察では様々な目的でライトが使われています。

今回は、中でもハンドガンに装着できる小型のライト「ウェポンライト」について解説し、リーズナブルなレプリカから実戦でも使える実物まで、ハンドガン用のライトとハンドガンのカスタムパーツを紹介します。

ハンドガンにライトを取り付ける魅力とは?

魅力1. 暗い場所での射撃に便利

射撃をするには、まず敵を見つけなければなりません。

そして夜はもちろん、室内や地下など昼間でも暗い場所はありますよね。

そんな暗い環境で敵を見つけて射撃するにはライトが必要です。

銃にライトをつけておけば普段と変わらない構えで安定して銃を射撃できますし、狙ったところをしっかり明るくできます。

もちろん、サバゲーの夜戦や屋内戦でも敵味方の区別や敵の発見は大切です。

魅力2. 目眩しに使える!

強力なライトを使えば相手の視界を奪い、有利な状況で戦えます。

もちろん、点灯しっぱなしでは相手に撃たれやすくなってしまうのでライトの使い方には気を付けましょう。

ちなみにサバゲーでは、ライトの明るさに制限がついていたり、使えなかったりするフィールドが多いです。

しっかりルールを確認し、場合によっては間違って点灯しないように電池を抜いておきましょう。

魅力3. 射撃・威圧に便利

近距離戦の場合、ハンドガンについているライトを簡易的なレーザーポインターのように使って射撃ができます。

また、敵が隠れた場所をライトで照らし、相手に「狙われているぞ」と思わせて威圧することも可能です。

ハンドガン向けライトおすすめ5選!【レプリカから実物まで】

軽くてかっこいい!ウェポンライト

INFORCEタイプ ポリマーウェポンライト ブラック
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

アメリカのウェポンライトメーカー「Inforce」製のハンドガン用ライトのレプリカです。

樹脂製で重さ82gという軽さが特徴ですね。明るさはサバゲーでも使いやすい200ルーメンとなっています。

軽Surefireのレプリカライトならこれ

SF X300 ULTRAタイプLEDウェポンライトレプリカ
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

Surefireはアメリカの軍用ライトメーカーです。

大型のフラッシュライトからウェポンライトまで様々なライトを作っており、ハンドガン用にSurefire対応のホルスターも多く発売されています。

こちらはSurefire X300タイプのレプリカライトで、サバゲーでも使いやすいように明るさ控えめ、値段もお手頃価格です。

軽小型のウェポンライトが欲しい人におすすめ

ハンドガン用のウェポンライトは、フラッシュライト全体では小さい部類ですが、それでも銃口からはみ出すぐらいの大きさがあります。

こちらはハンドガンを隠し持つ「コンシールドキャリー」用の小型ウェポンライトのレプリカです。

軽リーズナブルで強力なライトはこちら

OLIGHT(オーライト) PL-2 Valkyrie タクティカルライト ウェポンライト 1200ルーメン
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

Olightは中国のフラッシュライトメーカーで、リーズナブルながら強力なフラッシュライトを製造しています。

Olight PL-2は最大で1200ルーメンと、とても明るいことが特徴です。

軽タクトレ向け!性能にこだわる人なら実物が一番

SUREFIRE(シュアファイアー) X300 ULTRA LEDウェポンライト 600ルーメン
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

先ほど紹介したSurefire X300の実物です。

ライトを選ぶ時には明るさだけでなく、光の色や、光の広がり方も大切です。

さらに軍用ライトともなれば信頼性や、眩しさ、銃を撃った時の衝撃やマズルフラッシュに耐えられるか、という要素も大切になってきます。

サバゲーで使うには強力すぎですが、タクトレなど性能にこだわる人におすすめです。

ライトと併せて揃えたい!おすすめのハンドガンカスタムグッズ10選

ウェポンライトを被弾から守ろう

ウェポンライトプロテクター
Amazonで詳細を見る

ウェポンライトのレンズにBB弾が当たって割れてしまった… こんな事故も意外と起こるものです。

ウェポンライトを被弾から守るためにポリカーボネート製のプロテクターを使いましょう。

こちらはSurefire X300に取り付けられるウェポンライトです。

お手軽にライトの色を変えるならこれ

スポーツ系ゲーマーの中にはライトの色を変えて、かっこよさ、点灯した時の威圧感を出す人もいます。

LED自体を変える、照明用のカラーフィルターを変えるといったやり方もありますがセロファンを使うのもお手軽な方法です。

ハンドガン用のドットサイトはこれ

Vector Optics Frenzyミニドットサイト マイクロドットサイト 防水
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

1分1秒を争う競技射撃や室内戦で素早く照準するために、ハンドガンにドットサイトを付けるカスタムする人は多いです。

サバゲーでもインドアフィールドを中心にハンドガンをメインウェポンとして使う人・特殊部隊風のカスタムをする人に人気のカスタム方法です。

こちらはスライドに直接取り付けられる小型のドットサイトですね。

スコープもつけられる!ハンドガン用マウントベース

Uniquefire 用 20mmレイル対応 拡張 マウントベース マウントレール
Amazonで詳細を見る

ハンドガンに大型のスコープやドットサイトをつけるなら、専用のマウントベースを使いましょう。

ウェポンライト、サプレッサー、スコープをつけて、ハンドガンをメインウェポンにしてしまうサバゲーマーも多いです。

いくつかの銃を使い分けたい人むけのホルスター

BLACKHAWK ヒップホルスター OMNIVORE マルチフィット ライト対応
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

ハンドガンをカスタムするときの問題点がホルスターです。

特に使える銃が決まっているCQCホルスターでは「ライトをつけると適合するホルスターがない!」という問題点も発生しがちです。

Blackhawk社のOmnivoreホルスターはSurefireX300を装着した各種ハンドガンを収納できるマルチフィットホルスターです。

ウェポンライトをつけ変えれば150種類のハンドガンに対応できます。

素早くリロードするためのカスタムパーツ「マグウェル」

マグウェルはマガジン挿入口につけるパーツです。

漏斗のようにマガジン挿入口が広がるので素早くリロードできるようになるわけですね。

こちらはGlock17用のカスタムパーツです。

マガジンを落としても大丈夫?マグダンパー

LayLax (ライラクス) NINE BALL G18C マガジンバンパー 1ヶ入 エアガン用アクセサリー
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

「マガジンは自重で落下します」でもおなじみ?ですが、素早くリロードするときに、空マガジンを下に落とす場合があります。

しかし、マガジンを落とすと壊れてしまうことも… そんな時にマグダンパーを使えばマガジンを落下の衝撃から守ってくれます。

サプレッサーなどをつけたい人におすすめ

【サイレンサー取付可能】GUARDER ガーダー スチールアウターバレル 14mm逆ネジ
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

ハンドガンの銃口をカスタムするなら、ネジ付きのアウターバレルを使いましょう。

こちらは様々なパーツをつけられる14mm逆ネジがついたGlock用のカスタムアウターバレルです。

ハンドガンを静かにするならサプレッサーを使おう

KM企画 汎用 M14ネジ正逆対応 25スリムサイレンサー 60
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

ハンドガンの発砲音を小さくするなら、サプレッサーを使いましょう。

とは言ってもガスブローバックタイプのハンドガンには、ほとんど効果はありません…

まあ、特殊部隊風カスタムとしてはかっこいいですし、電動ハンドガンや固定スライドガスガンならしっかり効果を発揮します。

夜戦・室内戦メインのサバゲーマー向き!弾を光らせるパーツ

XCORTECH製 XT301 電動ガン ガスブローバックライフル ウルトラブライト UVトレーサー
Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで見る

「トレーサー」は夜戦や室内戦で弾道を見えるようにするためのパーツです。

制圧射撃で相手を威圧したり、ヒットを分かりやすくしたりする効果もありますね。

こちらは小さくて軽く、ハンドガンとの相性も良い小型トレーサーです。必ず蓄光BB弾と合わせて使いましょう。

ハンドガンにライトをつけたら… 使い方も大事!

ハンドガンにライトを装着すれば、狙った場所を明るく照らし、簡単に索敵や射撃が出来るようになります。

ただし、暗闇でライトを点灯させると相手に見つかりやすくなるのも事実。

ライトの使い方を間違えれば不利になってしまうこともあり得ます。タクトレやサバゲーでライトを使うなら、使い方にも気を付けましょう。

The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー / ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。