ボルトアクションライフルおすすめ10選!【一撃必殺を狙うなら 】

おすすめのボルトアクションライフルを紹介
The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー/ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。

一発ごとにボルトハンドルを操作して弾を装填するライフル銃「ボルトアクションライフル」ってどんな銃?

サバゲーでボルトアクション銃を使う魅力と、レトロな銃から最新の狙撃銃、実用性重視からロマンあふれるライブカート式まで、様々なボルトアクションエアガンを紹介します。

そもそも「ボルトアクションライフル」とは?

ボルトを手動で操作し、排莢と装填を行うライフル銃のこと

ボルト(遊底)は銃身の最後尾、銃弾が装填される場所「薬室」を塞ぐ部品です。

銃弾の雷管を叩き火薬を発火させるファイアリングピン、薬莢を排出するエキストラクターなどのパーツが一体化し、銃弾の装填、発射、空薬莢の排出を行います。

このボルトを手動で操作し、銃弾の装填・薬莢の排出をするライフル銃がボルトアクションライフルです。

歴史が長く、現在でも狙撃銃・猟銃として広く使われる方式

世界初のボルトアクション式銃は1836年のドライゼ銃でした。その後、第一次・第二次世界大戦では38式歩兵銃、Kar98、リーエンフィールドなどボルトアクションライフルが軍隊の主力小銃になりました。

構造が単純なため故障しにくく、精度も良いため、アサルトライフルが主流となった現在の軍隊でも、狙撃銃として使われ、民間でも猟銃やスポーツ用の銃として広く使われる作動方式です。

ボルトアクションライフルの4つの魅力とは?

ボルトアクションライフルの魅力1. 一撃必殺を狙って撃てる

レティクルの中心に敵を捉えて、引き金を引く… 一発BB弾が飛んで見事命中!

一発ごとにボルトをコッキングする必要があるボルトアクション式エアガン最大の魅力はやはり「一撃必殺」を狙えることでしょう。

連射力のある電動ガンとの戦いはなかなか大変ですが、それ以上の「狙って撃つ楽しさ」が魅力です。

ボルトアクションライフルの魅力2. 静かな発砲音がスナイパー向き

初速に制限がある日本のサバゲーではスナイパーライフルを使っても射程や威力の差を生かせません。

ボルトアクション式のエアガンが他のエアガンよりも優れている点、それは「静かさ」です。

モーターやギアの音がしないボルトアクションエアガンを使えば、相手に場所を悟られずに敵を倒せます。

ボルトアクションライフルの魅力3. 銃と装備のバリエーションが豊富

歴史の長いボルトアクション銃は、第一次・第二次世界大戦で使われた名銃から、拡張性の高い最新ライフルまで、その種類は様々。

エアガンでも木目が美しいレトロな銃から、最新の軍用ライフルまで様々な銃がモデルアップされています。

ボルトアクション銃は、狩猟用・スポーツ用としても一般的なので、軍・警察装備だけでなく、民間人装備との相性も良いでしょう。

ボルトアクションライフルの魅力4. 初めての内部カスタムにお勧め

電動ガンやガスガンに比べて構造が単純なボルトアクション式エアコッキングガンは初めての内部カスタムにおすすめです。

筆者も、初めての内部カスタムはVSR-10のホップパッキン交換でした。

特に海外製のボルトアクションエアガンを使いたい人はカスタムにチャレンジしてみても良いでしょう。

ボルトアクションライフルおすすめ10選!【レトロな銃から最新狙撃銃まで 】

1:サバゲースナイパーならこれに決まり

「サバゲーでスナイパーとして活躍したい!」VSR-10 Gspecは、そんな人におすすめのエアガンです。

東京マルイ製VSRシリーズといえば高い命中精度とコスパで知られるボルトアクション式エアコッキングガンです。

VSR-10 Gspecは、そんなVSRシリーズをショートバレル化、さらにサプレッサーとスコープマウント用のレールを標準装備したまさに「サバゲー向き」のスナイパーライフルです。

軽くて取り回ししやすく、高い命中精度と静かな発射音、さらにカスタムパーツの豊富さも魅力です。

2:拡張性が高く、リアルな外観のエアガンが欲しい人におすすめ

M40は、レミントンM700のバリエーションの一つで、アメリカ海兵隊に採用されているボルトアクション式の狙撃銃です。

東京マルイ製M40A5は、そのM40A5を再現したボルトアクション式のエアコッキングガンで、命中精度の高さと、リアルなマガジン位置やコッキングインジケーターなど実銃を再現した外観が魅力です。

サバゲーでの取り回し重視ならVSR、実銃らしい外観を重視するならM40を選ぶと良いでしょう。

3:旧ソ連軍装備におすすめ!高級感あるボルトアクション

モシン・ナガンM1891は第二次世界大戦中にソ連軍が主力小銃としていたボルトアクション式ライフルです。

モシン・ナガンが使う7.62mm×54R弾は現在でも様々な銃で使われ、モシン・ナガン自体も猟銃や狙撃銃として様々な場所で現役です。

KTW モシン・ナガンは、そんな名銃を再現したエアコッキングガンです。

種子島(火縄銃)やフリントロック銃など歴史的な名銃を再現したエアガンで知られるKTW製というだけあって、美しいクルミ材製ストックなど高級感ある見た目が特徴です。

スコープを載せるためのマウントがついた狙撃銃仕様で、ソ連軍装備の再現だけでなく、サバゲーでの実用性も十分です。

4:まっすぐ後ろに引くだけ!独特な機構のボルトアクションライフル

ブレイザーR93は、ドイツ製のボルトアクションライフルで狩猟やスポーツ用の銃として、また警察や軍でも狙撃銃として使われています。

この銃の特徴はなんといってもコッキングハンドルをまっすぐ後ろに引くだけでコッキングできる「ストレートプル式のボルトアクション」であるということでしょう。

ハンドルを後ろに引くだけで良いので、ハンドルを上に回して、続いてボルトを引く普通のボルトアクションよりも素早く射撃できます。

エスツーエス TSR-VistaはそんなブレイザーR93のストレートプルアクションを再現したエアコッキングガンです。

5:とにかく短い!コンパクトさ最優先で選びたい人はこちら

Ares Amoeba Strikerは、ハニーバジャーなどの電動ガンで有名なAmoebaシリーズのボルトアクションライフルです。

銃身が長いAS01、ショートバレルのAS02、そして、こちらAS03の3種類が発売されています。

AS03は見ての通り、ストックがなく、バレルも切り詰められた「ボルトアクションピストル」とでもいうべき見た目が特徴ですね。

反動のないエアガンでは、ストックがいない分、取り回しが良くなるので、屋内戦用に、またサブウェポンとしても使えそうです。

ハンドガードはM-LOK対応でフォアグリップやライトの装着もでき、拡張性が高いのも魅力です。

6:拡張性が高く、とにかくかっこいい 最新のM700はこれ

暗視装置やレーザーサイト、個人の体格に合わせて調節できるストック… 現代ではスナイパーライフルでも拡張性の高さが重要視されるようになってきました。

そんな現代の最新狙撃銃を再現したエアガンが欲しい人にはこちらがおすすめです。

Ares MS700は、レミントンM700の最新型で米軍の狙撃銃XM2010(M24E1)を再現した拡張性の高いボルトアクションエアコッキングガンです。

長いレールにM-LOKスロット、長さと高さを調節できるストックは折りたたみも可能と、いかにも最新型でメカニカルな見た目がかっこいいですね。

7:取り回しやすいボルトアクションが欲しい人におすすめ

AAC T10は台湾製のボルトアクション式エアコッキングガンです。

少し近未来的な外観は、JAE-700という実銃用のカスタムストックを再現しているようで、チークピースは上下の調節が可能、トリガー前のダミーマガジンに予備のマガジンを入れられるという独特な機能がついています。

機関部はVSR準拠のため、精度アップのカスタムがしやすいのも良いですね。

8:独特な外見がかっこいい ブルパップマニアにおすすめの一挺

Desert Tech SRSは、マガジンがグリップより後ろ側にあるブルパップと呼ばれる方式のスナイパーライフルです。

ブルパップ式のおかげで、銃身が長くても全長をコンパクトにでき、ブルパップ銃の欠点である左右の持ち替えもスナイパーライフルなら気になりません。

独特な見た目のスナイパーライフルが欲しい人におすすめです。

9:室内射撃向き!とにかく楽しいライブカートエアガン

一発ずつ、薬莢を銃に押し込みコッキングして発砲、薬莢が金属音とともに外に飛び出す… エアガンながら実銃そっくりのアクションを楽しめるのがライブカート式エアガンの特徴です。

筆者も、ライブカート式のエアガンを撃ったことがあり、装填や排莢、時おり起こるジャムも含めて、普通のエアガンと違いとても楽しめました。

レンジや室内で撃って楽しむには最適なエアガンでしょう。

10:日本軍装備におすすめ!とても静かなガス式ボルトアクション

ここまで紹介したボルトアクションエアガンは、手でボルトを操作した時にエアを圧縮するタイプでしたが、ガスの力でBB弾を撃つボルトアクション式ガスガンも存在します。

1マガジンの装弾数が少ないという欠点があるものの、ボルトは軽い力で操作でき、5cm程度後ろに引けば次弾を装填できます。

発砲音が静かなのも利点ですね。こちらはモデルガン・ガスガンメーカー、タナカ製の38式歩兵銃です。

一発必中の楽しみを味わえるそれがボルトアクションライフル

一発ごとにボルトハンドルを操作して次弾を装填するボルトアクションライフル、フルオート射撃できるエアガンが多く、射程の差もない日本のサバゲーではロマン武器とされがちですが、しかし、一発撃つごとのドキドキ感は、他のどのエアガンにも無いものでしょう。

そして、見事命中した時の楽しさは、やはり格別です。

初めてのエアガンにボルトアクションは少し大変かもしれませんが、二挺目、三挺目のエアガンはぜひ、ボルトアクションも検討してみてください。

The following two tabs change content below.
江池

江池

サバゲーマー/ライター
サバゲー歴4年。大学のサークルでサバゲーデビューを果たし、今はぼっちで参戦するサバゲーマー。「当たらなければ近づけば良い」の精神で突撃するが、大抵すぐヒットされる人。