MOLLE対応タクティカルベルトおすすめ10選!【基本の装備】

molle対応タクティカルベルト
The following two tabs change content below.
Sassow

Sassow

サバゲーマー / ブロガー / YouTuber
九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。

戦闘活動に必要最低限な装備であるファーストラインは、サバゲーでも基本であり重要な戦闘装備。

大体は、ハンドガンや予備マガジンなどの基本的なアイテムで構成され、腰回りにタクティカルベルトに載せて装備します。

ですので、タクティカルベルトもまた、サバゲー装備の中では特に重要な装備。ここのチョイス次第でサバゲーの展開がかなり変わると言えるでしょう。

今回はそんなタクティカルベルトのおすすめアイテムをご紹介です。

タクティカルベルト

実物タクティカルベルトおすすめ7選【実物装備入門におすすめ!】

8月 29, 2020
ベルドパッド

サバゲー向けベルトパッドおすすめ10選【初めての装備におすすめ】

7月 24, 2020

MOLLE対応タクティカルベルトの3つの魅力とは?

サバゲーマー

MOLLE対応タクティカルベルトの魅力1.
最低限の装備でこれがないと始まらない

MOLLE対応タクティカルベルトは、ファーストラインと呼ばれる戦闘活動における必要最低限の装備を所持するのに使用します。

その内容は主にハンドガン、予備マガジン、その他ダンプポーチなどで、戦闘環境や状況に左右されにくい基本的な構成。

このファーストラインを構成したのちに、より状況や環境に応じた装備をプレートキャリアやチェストリグで整えます。

ですので、戦闘活動においてはまずはファーストラインを整えないと、装備も戦闘も始まりません。

そのためにタクティカルベルトは必須の装備アイテムとなっています。

MOLLE対応タクティカルベルトの魅力2.
サバゲー装備が完結して軽量化できる

サバゲーマー

サバゲーにおいて軽さは正義。

本来ファーストラインに載せる地図や救急キットなども不要で、大量の予備マガジンを必要としないサバゲーであれば、ファーストラインだけで充分にサバゲーをこなすことも可能です。

実際の軍事活動においても、本格的な戦闘活動がないミッションであれば、軽量なファーストラインだけで活動することも。

タクティカルベルトだけでサバゲー装備が完成するというのも大きな魅力ですし、だからこそしっかりとしたタクティカルベルトを選びたい、ということにもなります。

MOLLE対応タクティカルベルトの魅力3.
状況や装備に応じて装備変更可能

サバゲーマー

例えばマガジンポーチであってもM4系でおなじみ5.56mmとAK系で使われる7.62mmではサイズが違うため、マガジンポーチも異なります。

そういった際でもMOLLE対応のタクティカルベルトならば、同じくMOLLE対応のマガジンポーチを変更するだけでタクティカルベルト自体はそのまま使用可能。

戦闘装備ではあまりにもメジャーな規格であるMOLLEなので、対応のものを選んでおけば互換性で困ることはあまりないでしょう。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト1.
タスマニアンタイガー ウォーリアーベルト LC

ドイツのプロ向けタクティカルギアブランド

「タスマニアンタイガー」はドイツのプロ用タクティカルギアをリリースするブランドで、ドイツ軍など軍隊や警察機関などで実際に採用されています。

アメリカ系装備とは少し雰囲気の違ったデザインが特徴ながら機能性が高く、日本語の公式HPがあったりと国内サバゲー界でも人気のブランドです。

実物品で軽量で薄型でコスパも良い

タスマニアンタイガー製ということでもちろん実物アイテムであるこちらは、レーザーカットMolleを採用しており薄型で軽量。

スマートな装着感が魅力で、サバゲー装備の量であれば十分なMolleウェビングを持っています。

そしてそれらがお値段抑えめで手に入る良コスパも大きな魅力です。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト2.
LayLax GHOST GEAR×アグレッサーグループコラボ 3ピースモールパッドベルト

JSDカラーの国産ミリタリーブランドコラボアイテム

「ライラクス」、「アグレッサーグループ」はともに日本のミリタリーブランド。
国産という期待に対してクオリティで応える信頼度やオリジナルのギア展開もあり、サバゲーマーからは安定した支持を得ていると言えます。

このベルトも国産ブランドのコラボアイテムらしくJSD(自衛隊)カラーを設定しており、こだわりを感じられるアイテムです。

サイズ調節も簡単で女性にもおすすめ

概要は薄型で軽量なロープロファイルモデルで、3つのパッドベルトとベルトで構成されています。

体格差などもあり海外製タクティカルベルトでは結構苦労するサイズ選びですが、国産でしかもサイズ調整もしやすい設計となっているので、日本人の体型に合わせやすいだけでなく、女性のサバゲーマーも使いやすいのが大きな特徴です。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト3.
コンドルアウトドア スリムバトルベルト

実物メーカー製良コスパの薄型ベルト

「コンドルアウトドア」はアメリカのタクティカルギアメーカーで、米軍採用実績もありクオリティが高くコスパのよいアイテムを多数展開しています。

このベルトも、実物メーカー製ながらコストは抑えめ、一方でタクティカルベルトでは最近トレンドの薄型タイプ設計。

実物メーカーのクオリティでコスパに優れるアイテムです。

滑り止めゴムパッドとサイズ設定で快適な装着感

使い勝手は一般的なタクティカルベルトと同様ですが、内側には取り外しの可能なゴムパッドがついており滑り止め機能が搭載。

サイズもS、M、Lの設定があり、海外製ベルトで悩みがちなサイズ選択も問題なし。

Sでも海外サイズでやや大きめですが、表記もされているので、体型が合えばサバゲー中でもずれにくく快適な装着感を感じられるでしょう。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト4.
タスマニアンタイガー モールハイプベルト

スマートなデザインの軽量ベルト

「タスマニアンタイガー」のモールハイプベルトは、ご覧の通りかなりの薄型で軽量な設計になっているベルト。

もちろんMolleシステムには対応していますが、1列なので装着したポーチ類の安定感にはやや注意が必要かもしれません。

何よりも軽さと見た目のスマートさが美しい、軽量装備におすすめのベルトです。

インナーベルトとセットにすれば安定感アップ

パッドの内側には面ファスナー(ベルクロ)が数箇所、パッチに隠れるようにして設置されています。

このパッチを外して、別売の面ファスナーに対応したインナーベルトとセットで使えば、ズボンベルトとタクティカルベルトをベルクロ固定できるので安定感アップ。

激しい動きであってもベルト位置が変わることなく、スムーズな使用感が期待できます。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト5.
ウォーリアーアサルトシステム PLBパトロールベルト

ハイクオリティなイギリス発の実物ギア

「ウォーリアーアサルトシステム」はイギリスのタクティカルギアメーカー。

高い機能性や独自のデザインなどクオリティの高いアイテムが特徴で、プロからの信頼度も高く、サバゲーマーにも人気のブランドとなっています。

軽量化という点でも様々な工夫があり、使用者のパフォーマンスに寄与する設計が魅力です。

一般的な形状ながら細かな配慮が魅力的

Molle対応タクティカルベルトとしては一般的なデザインで、実物やレプリカを含め似たアイテムが多く存在していますが、その中でもこちらのベルトは細かな点でハイクオリティ。

例えばインナーメッシュの通気性の高さや撥水100%、装着時に安定感のある形状などは実際に使ってみて感じられるポイント。

安くはありませんが納得のクオリティといえるでしょう。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト6.
VTAC バイキングタクティクス スカーミッシュベルト

訓練から装備までを扱うブランド

「バイキングタクティクス」は特殊部隊などでの軍隊経験を持つ創設者が、その経験を活かした訓練や装備を扱う本格ミリタリーブランド。

同じくタクティカルギアブランドで有名な5.11タクティカルとのコラボで、VTACシリーズを展開しています。

インナーベルトに固定して安定感抜群

こちらは付属のインナーベルトはズボンに装着し、その上からパッドをベルクロで固定するという形式になっています。

別途パッド用のベルトを用意した方がより安定はしますが、この固定方式であれば活動中でもベルト位置がずれることはほぼ皆無。

スリットもあり、より立体的に腰回りに装着できるので安定感は抜群です。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト7.
TMC GEN2 MRBベルト

高品質レプリカベルト

「TMC」はレプリカギアメーカーで、以前は見た目だけ真似したコピー製品というイメージでしたが、近年ではクオリティもあがり、その分お値段が上がってもまだまだお安くコスパに優れると評判のメーカー。

このMRBベルトもCrye Precisionという有名タクティカルギアブランドのレプリカですが、その評判に違わぬアイテムとなっています。

コスパに優れサバゲー使用なら問題なし

レプリカアイテムであっても最近はクオリティも随分上がってきており、実際の戦闘でも使えるんじゃないかレベルと言われることもあります。

当たり外れや粗悪レプリカもありますが、TMCならサバゲーであれば全く問題なく使えるでしょう。

このベルトも薄型で軽量、サイズ調整もしやすく良コスパのアイテムでおすすめです。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト8.
エマーソン クッションパッドベルト

サバゲー向きのコスパ良好パッドベルト

「エマーソン」もTMCと並んでメジャーなレプリカギアメーカー。

こちらも過去のレプリカメーカーのイメージを覆し、安定したクオリティを実現しつつコスト抑えめで人気メーカーです。

エマーソン製のこのベルト、は特にコスト面で優れ、無駄なハイスペックでない分サバゲーマーにとっても嬉しいアイテムでしょう。

厚めのパッドが疲労軽減に役立つ

安価なレプリカベルトだからといってクオリティは必要十分。

特に厚めのパッドインナーが優秀で、重い装備で長時間動き回ることになっても疲労を軽減してくれる設計。

タクティカルベルト入門に選んだらそのまま使い続けられる…そんなタクティカルベルトです。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト9.
エマーソン MOLLEマウント ウエストベルト

装備数を増やせるタクティカルベルト

こちらのタクティカルベルトは、同じく「エマーソン」製のアイテム。

側面は2列、背面には3列のMolleウェビングがあり、装着アイテム数が多めでもちゃんと対応できます。

最近では薄手のタクティカルベルトが多くありますが、重装備やタクティカルベルトだけで装備を完結したい場合には便利なベルトでしょう。

初めてのタクティカルベルトに最適

エマーソンらしくコストは抑えめで、使い勝手も問題はありませんし、初めてのタクティカルベルトには選びやすいアイテム。

気に入れば長く使えるアイテムですし、コストが抑えめな分、新しいアイテムを選ぶ際にも思い切れるはず。

迷った方は、まずはこれを選んで使い倒していただきたいと思います。

おすすめのMOLLE対応タクティカルベルト10.
テイラージャパン タクティカルモールベルト

コスト重視ならまずはこれ

「テイラージャパン」は安価なミリタリーギアをリリースするメーカーで、個人的にはただ安い他メーカー品よりも信頼度は高め。

価格相応、またはそれ以上のクオリティもあるので、コスト重視の方であれば選んで損はしないのではないでしょうか。

アジアンサイズなので、その点でも失敗しにくいポイントです。

使いやすいポイントも多数

Molleウェビングは一般的な配置でポーチ類の装着は問題なし。

ベルトは調節が可能で、パッドの内側にはメッシュを配置して通気性を確保しているなど装着感も良好。

一般的なタクティカルベルトの基本的な部分はしっかり抑えながら、お値段もちゃんと抑えめ。

サバゲーでの使用には問題のないアイテムと言えるでしょう。

良いタクティカルベルトから快適なサバゲーが始まる

タクティカルギアの装備概念上では、最も基本の装備となるファーストラインを構築するタクティカルベルト。

サバゲーにおいてはファーストラインのみでの参戦も充分可能なため、基本の装備であり完結の装備となるものとも言えます。

快適なサバゲー、戦術的なサバゲーは良いタクティカルベルトがあって始まると言っても言い過ぎではないでしょう。

様々な装備の考え方がありますが、ベーシックかつ効率の良い装備を構築したいと思ったら、是非より良いタクティカルベルトから装備を整えてみてください。

長物ガスブロのおすすめを紹介

【初心者必読】サバゲー装備は3つでOK!絶対に必要な装備とおすすめ紹介

11月 30, 2019
The following two tabs change content below.
Sassow

Sassow

サバゲーマー / ブロガー / YouTuber
九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。

ABOUTこの記事をかいた人

Sassow

九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。