実物ドットサイトおすすめ5選!【驚きの低価格品も】

ドットサイト
The following two tabs change content below.
マロダルマ

マロダルマ

サバゲーマー/ライター
暇だったので「サバゲーの記事書けるよ!」とうそぶいてみたら本当に記事のお仕事が来てしまい、ええいままよと引き受けたら続いてしまったサバゲーマー。 跳弾と流れ弾に当たることがやたらと多く、巷では「跳弾マスター」の異名をほしいままにしている。返上してえ。 サバゲー歴は7年ほどだが、フラッグゲットをした回数は両手の指に収まる範囲である。

近距離の標的を素早く照準できる「ドットサイト」は、近距離戦闘(CQB)を行う際の強い味方です。

実銃用ドットサイトを模して作られ、価格が安くて手に入れやすい「レプリカ品」を使う人も多いですが、「耐久性や性能にもこだわりたい!」と、より品質の高い実銃用のドットサイト(いわゆる「実物ドットサイト」)を購入する人もいますね。

今回は、実物ドットサイトを使うメリットのほか、筆者オススメの通販で買えて値段も手頃なドットサイトを紹介します。

サバゲー向けのドットサイトの画像

サバゲーにおすすめのドットサイト8選!必要性や割れ防止策も紹介

7月 16, 2019

実物ドットサイトの3つの魅力とは?

ドットサイト

実物ドットサイトの魅力1.
耐久性が高い

実銃射撃時の衝撃はガスブロとは比べ物になりませんし、その衝撃は1度や2度では収まらず、何十回も何百回も加えられます。

激しい衝撃の中でも故障せず点灯することは、実物ドットサイトに求められる最も重要な条件であるといえるでしょう。

電動ガンやガスガンの衝撃程度ならばびくともしませんし、振動で照準が狂うこともありません。

また、防水性能もほぼ必ず備えられ、落下や被弾といった非常に大きな衝撃にも耐えられるように作られています。

故障や精度の劣化に怯えることなく安心して使える点が、実物ドットサイトの最たる魅力と言えるでしょう。

実物ドットサイトの魅力2.
視界がクリアで見えやすい

レンズそのものの透明度の高さや、投影されるドット形状に歪みが少ないことも実物ドットサイトの強みです。

目で見て狙うための道具なのに、その見え方が悪いようでは話になりませんからね!

また、銃を固定したまま覗く位置を変えたとき、ドットが標的からずれて見えてしまう「パララックス」と呼ばれる現象が起きにくい(全く起きないわけではありません)というメリットもあります。

実物ドットサイトの魅力3.
不良品や故障への保証があることが多い

正規代理店やメーカーから直接購入した場合、1年~数年程度の品質保証がついている実物ドットサイトは多いです。

サイトロンジャパンなど国内のメーカーならば、ユーザーが直接連絡できるサポート窓口もありますし、海外製サイトは購入した代理店へ相談すれば対応してもらえます。

レプリカだろうと実物だろうと、光学機器の購入にはそれなりのお金がかかるものですが、運悪く故障してしまったり不良品を引いてしまったときの保証があれば、より気持ちよく散財することができますね!

おすすめの実物ドットサイト1.
Vector Optics マーベリック Gen1

激安価格の実銃対応ドットサイト

実銃対応ドットサイトの中でも、7000円程度とかなり安値で手に入るT1タイプドットです。

同社のマーベリックシリーズは現在第3世代がリリースされており、こちらは第1世代のため、今となっては若干性能が低め。

しかしサバゲーで使う分には大きな欠点はありませんし、防水・防曇・耐衝撃加工も施されているため、そこらのレプリカと比べて壊れにくいという利点もあります。

これよりも性能が良い実物ドットサイトももちろんありますが、粗悪なレプリカ品に当たって何度も買い直した経験のあるサバゲーマーなら、「ある程度性能が良くて壊れにくく、しかも安い」という条件が揃ったサイトを探すのに、かなり苦労した経験があるのではないでしょうか?

このマーベリックは、そこそこ使えてしかも安い、サバゲーマーにとってちょうどよいドットサイトと言えるでしょう。

メーカー正規品なら5年保証つき!

正規販売品に関しては、Vector Opticsが5年間の保証サポートを行っており、故障・破損に対して保証を行ってくれます。

7000円で実銃対応の丈夫なドットサイトが買えて、更に故障時のサポートもしてくれる…

これもVector Opticsのサイトの大きな利点と言えますね!

おすすめの実物ドットサイト2.
サイトロンジャパン SD-33XX

老舗国産光学機器ブランドが送る、最新ドットサイト

自衛隊員からサバゲーマーまで広く親しまれる日本の光学機器メーカー、サイトロンジャパンの新型ドットサイトです。

同社のチューブドットサイトとしては初めてAimpoint T1規格のマウントを採用し、ローマウント・ハイマウントを切り替えられるようになりました。

もちろん、完全防水かつ実銃対応。

また、エレベーションノブ・ウィンテージノブ共に工具不要で操作できるようになり、指だけで簡単にゼロインができるようになっています。

レンズに強化ガラス採用、BB弾が直撃しても割れにくい!

ドットサイトを使っている人が最も多く遭遇し、そして最も致命的なトラブルは「レンズにBB弾が直撃して割れる」こと。

頑張って購入した貴重な実物ドットサイトが割れてしまうと、レンズのみならず自分の中の大事ななにかも一緒に壊れてしまいそうなほどの絶望感を味わいます。

しかし、レンズに強化ガラスを採用したサイトロン SD-33XXならば、多少の被弾でレンズが割れることはありません。

さらに標準でハニカムフィルターも付属しているので、万が一のときが心配だ…という人も安心できますね!

おすすめの実物ドットサイト3.
Vector Optics Cyclops 1x30SFP

いま注目されているジャンル「プリズムスコープ」

Vector Opticsのサイクロプスは、正確には「プリズムスコープ」と呼ばれるサイトです。

原理的にはスコープと似たような構造になっており、LEDの光を鏡で反射して眼球へ投射するドットサイトと違い、レンズとプリズムを使って「肉眼と同じ倍率」になるように調整した像を使用者の目へ投射しています。

レンズで調整された像が直接網膜に映るため、ドットサイトを覗いたときの「トンネルのような狭苦しさ」が無く、ダイヤルでピント調節をすれば、多少視力の悪い人でもくっきりと像を見ることができます。

スコープとドットサイトのいいとこ取り

レンズの効果でくっきりとクリアな像を映し出し、1倍固定のためドットサイトのように素早く照準ができ、さらにスコープにありがちな像の歪みもかなり少ない…と、ドットサイトとスコープを合体させた夢の光学機器のように思えるプリズムスコープ。

とはいえ欠点もあり、アイリリーフ(接眼レンズと眼球の距離)が適切でないときちんと見えないため、ドットサイトの「レールのどこにつけようが同じように見える」という利点は無くなっています。

しかし、いままでにない視界の広さと歪みの少なさは大きな魅力。

普通のドットサイトだとちょっと見づらい…という方は試してみてはいかが?

おすすめの実物ドットサイト4.
Vector Optics マーベリック Gen3

耐衝撃性を強化したマーベリックの最新型

激安実物ドットサイトとしてヒットしたVector Opticsのマーベリック第1世代を、レンズ透明度と光量をあげてマウントをスリムにした第2世代を経て、さらに耐衝撃仕様のラバーコーティングで覆ったのがこの第3世代です。

若干青いかも?と言われていた第1世代と比べて青みが減っており、ドットの光量も強化されたことで更に照準しやすくなっています。

また、各ダイヤルも工具不要で調整でき、ゼロインの手間が軽減されているところも良いですね。

マーベリック第1世代や他のレプリカからの買い替えにピッタリ

安くてそこそこ使えるマーベリック第1世代から進化したこのサイトは、「今まで使ってきた安いドットサイトから、ちょっといいやつに買い替えたい」という人にオススメしたい一品です。

特に、マーベリック第1世代のレンズの青みやダイヤル調整の手間に不満を感じるようになった…という方ならば、きっとその進化っぷりに満足できるでしょう。

おすすめの実物ドットサイト5.
HOLOSUN HS403B

2万円台で買える、高級メーカー並みの透明度を持つT1タイプドットサイト

近年、海外の民間シューターや日本のトイガン業界で注目を浴びているメーカーが「HOLOSUN」です。

実銃対応で防水・耐衝撃と、実物ドットサイトに求められる条件はすべて揃っていますが、HS403Bのなによりの特徴は「レンズの透明度」。

「T1タイプ」と呼ばれる小型ドットサイトのパイオニアである、Aimpoint T1は国内価格が6~10万円程度と高価。

対してHOLOSUN HS403Bの価格は2万7000円程度ですが、価格の安さにも関わらずT1に負けるとも劣らない(もしかしたら少し超える)レンズの透明度を誇ります。

少し前までは10万円出さないと買えなかったような品質のドットサイトが、いまは2万円台で手に入るなんて、なんともすごい時代になったものです…。

輝度調整ダイヤルを廃してボタン式にしているため、シルエットがスリムで視界を遮りにくい点も良いところ。

なお、ボタン電池は工具を使わないと外せない仕様になっており、ここは好みが分かれるかもしれません。

故障や不良が起こっても安心!正規品は永久保証付き

HOLOSUN製品には、故障した際の修理・不良品の交換などの保証がついています。

その期限は「なし」、つまり生涯保証!

購入してから数年程度の保証が一般的な中、生涯保証はなかなか手厚いサポートですね!

故障・不良品の相談は、アメリカ本社へメールするほか、販売代理店やHOLOSUN.JPへ連絡を取ることで受け付けてもらえます。

ただし、改造品や放置されたもの、非正規品のほか、事故などによる破損(サバゲー中の被弾による破損も含む)の場合も保証してもらえませんので注意!

人気の実物ドットサイトをAmazonでチェック!

ドットサイト

本記事で紹介したものは筆者が自信を持っておすすめするものですが、他にも人気のものは多数存在します。

是非Amazonでもチェックしてみてください。

Amazon.co.jpで
実物ドットサイトを見てみる

実物ドットサイトを手に入れるなら今がチャンス!

実物ドットサイトは、レプリカと比べて高価な点が難点である…とはよく言われます。

しかし、国内の光学機器の価格帯はこの数年で大きく変動しており、1万円~2万円台で手に入る海外製の実物ドットサイトも多くなってきています。

お財布事情の関係で手が届かなかった人や、これからサバゲーを始めようとしている初心者の人にとっても非常に参入障壁が下がっている時期なので、このチャンスに是非実物ドットサイトに触れてみてください!

ハンドガン向けドットサイトおすすめ4選!【かっこよく狙おう】

3月 31, 2020
The following two tabs change content below.
マロダルマ

マロダルマ

サバゲーマー/ライター
暇だったので「サバゲーの記事書けるよ!」とうそぶいてみたら本当に記事のお仕事が来てしまい、ええいままよと引き受けたら続いてしまったサバゲーマー。 跳弾と流れ弾に当たることがやたらと多く、巷では「跳弾マスター」の異名をほしいままにしている。返上してえ。 サバゲー歴は7年ほどだが、フラッグゲットをした回数は両手の指に収まる範囲である。

ABOUTこの記事をかいた人

マロダルマ

暇だったので「サバゲーの記事書けるよ!」とうそぶいてみたら本当に記事のお仕事が来てしまい、ええいままよと引き受けたら続いてしまったサバゲーマー。 跳弾と流れ弾に当たることがやたらと多く、巷では「跳弾マスター」の異名をほしいままにしている。返上してえ。 サバゲー歴は7年ほどだが、フラッグゲットをした回数は両手の指に収まる範囲である。