ガスブロのおすすめハンドガン10選!【リアリティを楽しむ】

サバゲーマー
The following two tabs change content below.
Sassow

Sassow

サバゲーマー / ブロガー / YouTuber
九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。

エアガンの中でも定番のガスブローバックハンドガンは、現在のサバゲー事情では多くのサバゲーマーが1丁は持っているアイテムだと思います。

その人気を裏付けるようにラインナップも多く、また一方であまりに定番過ぎてどんなメリットがあるのかは今更聞けないレベルと言えるかもしれません。

初心者の方やガスブロハンドガンをしっかり選びたい方向けに、今回はその魅力とオススメのガスブロハンドガンをご紹介です。

ガスブロのハンドガンの魅力とは?4つの魅力を解説!

ガスブロハンドガンの魅力を解説

魅力1.取り回しの良さと早いトリガーレスポンス

トリガーレスポンスとは銃のトリガーを引いてから弾が発射されるまでの時間のこと。

エアガンの種類や動作形式によって異なりますが、基本的には電動ガンよりガスガンのレスポンスの方が早いのが一般的です。

サバゲーでのハンドガン使用は、銃身の小ささと取り扱いの良さからCQBエリアのような狭所で使うことが多くなるので、相手との距離が近い分、いかに早く撃てるかは非常に重要になってきます。

ハンドガンの取り回しの良い大きさとガスガンのトリガーレスポンスの早さから、ガスブロハンドガンはサバゲーではとても理に適ったエアガンと言えます。

魅力2.強力ブローバックの射撃感がとにかく楽しい

機能的なメリットでもアドバンテージのあるガスブロハンドガンですが、もしかするとそれ以上の魅力が独特の射撃感かもしれません。

トリガーを引く度にスライドが大きな反動でブローバックする動作は、実銃のようなリアリティがあり撃っていて快感。

ハンドガンという小さな銃身が却って強力なブローバックを生んでいて、スパン!スパン!と気持ちよく撃つことが出来るのはガスブロハンドガンならでは。

サバゲーをしない、単に銃が好きでエアガンを集めているという方にも支持される理由がこのリアリティのある射撃感です。

魅力3.モデルラインナップが多く、高品質なものがいっぱい

ガスブロハンドガンの魅力を紹介

電動ガンはどちらかというと撃つことやサバゲーでの使用を目的に作られているのに対し、ガスブロガンはブローバックの射撃感を活かしたリアリティを重視する傾向にあります。

ガスブロハンドガンも金属パーツが多く使われ質感が良く、重さもズシリときて、実銃のような高品質な製品も多数リリースされており、単に見るだけ、触るだけでも満足感を得られることが出来るでしょう。

結果、ガスブロハンドガンの人気はサバゲーマーに限らず、ミリタリーファンの支持も厚く、それに応えるように各メーカーから様々なモデルがラインナップされています。

魅力4.Co2ガスという選択肢

ガスガンの2つのパワーソース

これは魅力というべきか迷うところですが、国内ガスガンのパワーソースとしては従来から使われているHFC132aなどの代替フロンガスとCo2ガスとに分類されます。

代替フロンは安全性は高いのですが、ガスガンで使うと冷えに弱く冬場での使用が難しい点や連射すると威力が低下する点がネック。

対してCo2ガスは気温に関係なくハイパワーで動作するというメリットがあります。

将来的にはCo2ガスガンがメインになる?

代替フロンは温暖化という環境懸念があり将来的には使用禁止となるのに対し、Co2ガスは産業廃棄の再利用ということでフロンガスに取って代わる存在と言われています。

ただ、Co2ガスを使ったガスガンは圧力が高く威力規制の問題、違法改造や基準外の海外製品の輸入問題があり、エアガンの威力制限が厳しい日本ではまだまだ導入が進んでいません。

しかし、最近では安全性を確保した製品も増えてきているので、気温によらない強力なブローバックを安全に楽しめるCO2ガスガンという選択肢が出てきたことは注目すべきポイントです。

ガスブロのハンドガンおすすめ10選!【リアリティを楽しむ】

1.サイレンサーもセットでお得!全サバゲーマーにオススメ

東京マルイ製「HK45タクティカル」は2019年発売のモデルですが、ベースは2014年発売の「HK45」のバリエーションモデル。

ベースモデルからはフロント/リアサイト、セーフティレバーなど細かな改良が加えられており、更に専用サイレンサーがセットになってお得感がマシマシです。

ブローバックや動作のキレはガスブロハンドガンの中でも普通レベル。

一方で、射撃精度は申し分なく、2サイズの交換グリップ付属など使い勝手も良好なので、サバゲーで使えるハンドガンをお探しなら男女問わずオススメです。

2.ブローバックをしっかり楽しめるモデルなら

ガスブロハンドガンを選ぶなら、しっかりとしたブローバックを味わいたいと思う方も多いハズ。

そんな方にオススメなのが東京マルイ製「グロック19」。
発売は2018年で、今までのグロック系ハンドガンから内部機構を刷新しており、東京マルイ製ガスブロハンドガンの中でもかなり強力な反動になっています。

コンパクトハンドガンながら初速は十分、動作のキレや精度の良さ、携行性の高さなど近接戦を考えるとサバゲーへの恩恵も大きいところ。

ガスブロが欲しくて迷っているなら選んで間違いのないモデルです。

3.フルオート発射可能な高火力ハンドガン

人気モデルであるグロック系の中でも東京マルイ製「グロック18C」は特に注目を集めるモデルです。

その最大の特徴が高サイクルのフルオート発射。
気温など条件が揃えば、かなりの連射速度で50連マガジンを一瞬で撃ち切り、大きなブローバック動作の反動と音の迫力も合わせて絶大な火力を発揮します。

本体は小型で扱いやすく、取り回しにも優れるため本来のサブウェポンとしての性能は申し分なく、更にフルオートもあるので近接戦ではかなり強力。

楽しいガスブロを更に楽しめるモデルなので、是非一度触ってみてほしい1丁です。

4.拡張性高め!オプション搭載を考えるならコレ

東京マルイ製「FNX-45タクティカル」の最大の特徴は拡張性の高さ。

同社製マイクロプロサイトやサイレンサー、更にアンダーレールもありタクティカルライトの装着
も可能と、東京マルイ製ガスブロハンドガンの中でも特にオプション搭載に幅広く対応出来るモデルです。

また、大型ハンドガンなので重量感もあり、装弾数や威力は他のモデルより少し有利。動作のキレも良好です。

ただ、グリップは2サイズ交換可能なオプションが付属していますが、それでも手の小さい方は少し握りにくく感じられるかもしれません。

5.マルイのベストセラーの最新バリエーションモデル

東京マルイのオリジナルモデルとして長く人気を集めているハイキャパの最新モデル「ハイキャパD.O.R」。

ダイレクト・オプティクス・レディ(D.O.R)という名称の通り、同社のマイクロプロサイトをマウントなしで直接搭載可能な設計になっています。

他に内部構造の改良なども加えられており、ベストセラーガスブロハンドガンを更にアップデートしたという点でも信頼度は抜群。

ブローバックのキレ、精度や初速、扱いやすいトリガーなど優れたポイントは多く、また冷えにも強いのでサバゲーでも様々なシーンで活躍してくれることでしょう。

6.電動ガンに負けない!?フルオート搭載で質感も良い傑作ガスブロ

ベレッタの傑作ハンドガンM93RをモデルとしたKSC製「M93RⅡ」シリーズでも上位モデルとなるヘビーウェイトバージョンがこちら。

古くから改良を重ねて作られたこのモデルは、強力で俊敏なブローバック、重量感や質感の良さが多くのユーザーに支持されています。

射撃性能も優秀で、初速の高さや精度の良さと、M93Rの特徴であるフルオートの軽快な動作はサバゲーでは電動ガンに劣らないとも言われるほど。

ロングマガジン、ストック、マウントベースなどオプションも豊富で、実銃同様に傑作と評価の高いハンドガンです。

7.実銃メーカーの正規ライセンス品!リアリティ抜群の海外製ハンドガン

質の高いエアガンをリリースする海外メーカーVFCからリリースされている、Umarex社ライセンス品の「H&K USP 9mm」。

リアルライセンスということで本物感たっぷり、スライドもアルミ製で非常に高い質感に仕上がっています。

ブローバックが強烈なのが特徴な反面、射撃性能の面では国産に劣ると言われますが。少し手を加えるだけでかなり優秀で楽しいガスブロハンドガンになります。

海外製ですがVFCのアフターフォローは充実してきているので、外観に惚れたらカスタム前提で選ぶのもアリでしょう。

8.ほぼ実銃!?米軍採用モデルの正規ライセンス品

台湾メーカーVFC製「SIG P320-M17」はこちらもSIG社の正規ライセンスモデルとなり、そのリアリティの高さは他の追随を許しません。

アメリカ陸軍に採用されたSIG Sauer M17は使い勝手や仕様も最新鋭のもので当然ながら優秀なハンドガンとなっており、本モデルにもそれらが忠実に再現されています。

ブローバックエンジンも新しいものを搭載しており、ガスブロエアガンとしての動作や射撃性能も高い評価を得ています。

ほぼ実銃とも言える外観と高い性能、手にして損はないモデルではないでしょうか。

9.冬でもブローバック!Co2ガスブロの先駆けモデル

国産エアガンメーカーでは老舗のマルシンが開発したCo2ガスブロハンドガン「FN5-7」。

H134aなどのフロンガスの様々な欠点や問題点を解決しながら、安全性を確保して作られた意欲作とも言えるモデルです。

Co2ガスブロは強力で安定したガス圧がメリットで、気温によらず、フロンガスよりも激しいブローバックが楽しめます。

また、ガスガンとしては高い初速と安定した動作、集弾性の高さはサバゲーユースに十分耐える性能も魅力。

次の世代のガスブロハンドガンの先駆けとして価値あるモデルではないでしょうか。

10.ビッグネームコラボで注目のCo2ガスブロハンドガン

エアガンパーツで有名なタニオ・コバとエアガン販売で有名なバトンのコラボによって作られた、Co2ガスを使うガスブロハンドガンがこの「BM-9」。

モデル元はベレッタM9A3で人気のモデル。

タニオ・コバが特許を持っている、安全性と省エネ性の高いCo2バルブを採用してモデルアップされています。

冷えに強く、ブローバックも強力というCo2のメリットもですが、何よりビッグネームのコラボということで注目のモデルとなっています。

ガスブロのハンドガンと併せて揃えたい!おすすめエアガングッズ5選

1.ガスガンには必須!安定動作で定番ガス缶

ガスブローバックというくらいですから、パワーソースのガスは必須。これがないと始まりません。

色々なメーカーからリリースされていますが、個人的には東京マルイ製ガス缶が王道でもあり動作安定という点でもオススメです。

他メーカーからは容量の大きいもの、低価格なものも販売されていますが、信頼度では圧倒的。

サバゲーにおいてはエアガンがちゃんと動くという安定性も大事なポイントですので、迷ったらこちらを選びましょう。

2.Co2カートリッジなら安心の国産がオススメ

Co2ガスガンでは海外製の方が一般的になり、国内の状況はまだまだ導入が進んでいないですが、カートリッジは動作に安定感のある国産マルシン製のものがオススメ。

海外製のものは安価なのは大きなメリットですが、カートリッジの先端形状が雑な作りのものもあり、マガジン内で引っ掛かる可能性もあり、装着に気を遣うことになるかもしれません。

一方のマルシン製はしっかり仕上げられており、無駄な心配がいりません。

安定動作、トラブル回避を考えると少し値段はしますが国産の方が良いでしょう。

3.多くのハンドガンに対応するレプリカ品ユニバーサルホルスター

ガスブロハンドガンに惚れてしまったら最後、1丁手に入れるだけでは満足出来ず気付けば部屋中ハンドガンだらけ…なんてことは珍しくありません。

しかし、それぞれのハンドガンに応じたホルスターを用意していては大変。

そういった問題を解決するのがこちらのホルスター。
文字通りハンドガンの形状に応じてホルスターの調整が可能で、多くのハンドガンに対応します。

WASというブランドのユニバーサルホルスターのレプリカ品ですが、使用には問題ないと評価も高くサバゲーでの使用には十分耐えてくれます。

4.マルチサイズ対応のレプリカ品マガジンポーチ

ガスブロハンドガンに惚れてしまったら最後、1丁手に入れるだけでは満足出来ず、気付けばバックの中はハンドガンだらけ…なんてことも珍しくありません。

しかし、それぞれのマガジンに応じたマガジンポーチを用意していてはまた大変。

そこでオススメなのがこちらのレプリカマガジンポーチ。
コードでテンション調整が可能なので、多くのマガジンに対応させることが可能です。

ガスガンの重いマガジンもしっかりコードテンションをきつくすれば、サバゲー中でもしっかり保持してくれます。

5.マルイ製ガスブロを選ぶなら是非載せたい専用ドットサイト

東京マルイ製のガスブロハンドガンを選んで、搭載が可能であれば是非検討して欲しいのがこちらの「マイクロプロサイト」。

最大の特徴はハンドガンを殺さない軽さ。とにかく軽量。

視認性も高く、やや値段は高めながら質の良さは東京マルイ製ということで折り紙付き。

ハンドガンだけでなく20mmレールにも対応するのでコンパクトなSMGなどにも向いています。

マウント不要のものもあれば別途専用のマウントもありますのでお手持ちのハンドガンの対応は確認するようにしましょう。

ガスブロハンドガンの楽しさを知ったらもう逃げられない

ガスブローバックハンドガンは、エアガンの中でも最も面白いものと言えるかもしれません。

ブローバックするエアガンはハンドガンやガスガンに限りませんが、電動ブローバックでは味わえないキレのある動作、ハンドガンの軽さがあるから感じられる強烈な反動は他では味わえないもの。

ブローバックがあるからリアリティを更に追求するモデルも増え、見ても触っても撃ってもユーザーをとことん魅了します。

そのガスブロハンドガンの楽しさを知ったら最後、ブローバックと共に放たれる強烈な魅力からは逃げられません。

The following two tabs change content below.
Sassow

Sassow

サバゲーマー / ブロガー / YouTuber
九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。

ABOUTこの記事をかいた人

Sassow

九州在住、妻子と腰痛持ち。30代に入ってから初サバゲーを経験し、プレイだけに飽き足らずトイガンカスタムに触れて以降、ブログや動画配信、ついにはライターのお仕事までいただいてしまう。「サバゲーはみんなでヤるもんだ」をベースに好き勝手にサバゲー界隈を楽しんでます。酒と女とサバゲーに目がないけど意外と真面目で子煩悩。ブログ「今夜、あの娘を撃ち抜くために。 by Sassow」、YouTube「Sassow ch」やってます。